マガジン

スマホアプリibis PaintとPhontoを使って簡単にバナーを作成する方法

バナー画像の作成というと、一般の方の場合、デザイナーなど専門の業者に依頼するというのが主流でした。自作を試みる人のなかには、自分でIllustratorなどの専門的なソフトを使う人もいたことでしょう。

しかし、業者に依頼するには当然ながら費用がかかりますし、後者の方法は初心者にはハードルが高いという問題があります。

ところが、今では誰でもお手持ちのスマホで簡単にバナーを作成できるようになりました。画像加工ができるスマホアプリは多数ありますので、ちょっと頑張れば誰でも作れるはずです。

とはいえ、本当の初心者の方だとどんなアプリをどのように使えばよいのかもわからないでしょう。そこで、ここでは本当の初心者の方でもすぐにバナーが作れるスマホアプリ、「ibis Paint」「Phonto」の2つを使った方法を紹介します。

「ibis Paint」の特色

「ibis Paint」は、イラストレーターや漫画家によく使われるアプリです。漫画のセリフの吹き出しのような効果が豊富で、動画のサムネイル画像の作成などにもよく選ばれています。

Adobe社のPhotoshopと同じような構成なので、Photoshopを使ったことがある人なら感覚的にすぐ使えるはずです。

高性能な画像作成アプリは他にもありますが、多くは課金制であり、無料では使える機能が限られているものがほとんどでしょう。その点、「ibis Paint」なら無課金でも十分なクオリティーの作品ができるはずです。

なお、上記のように、「ibis Paint」はおもにイラスト制作に使われるアプリですが、画像のサイズを自由に加工できたり、画像を幾重にも重ねることができたり、さらには、背景に好みの色を付けることができたりなど、バナー作成に便利な特徴も備えています。

「ibis Paint」は、パソコンを使わずにスマホ1台だけでバナー作成を完結できるアプリです。データをパソコンに移動させなくてもよいので、撮った写真をすぐバナーにすることもできますし、とにかく従来の方法よりも工数を圧倒的に削減できます。

移動時間などのスキマ時間の有効活用にもおすすめです。

「Phonto」の特色

「Phonto」とは、画像に文字を入れることに特化したスマホアプリです。それでいて、装飾機能は十分に搭載されており、アプリの名前の通りさまざまなフォントを駆使してお好みの画像を作成できます。

操作性はシンプルなので、初めての方でも感覚的に扱いやすいでしょう。

今回は、上の「ibis Paint」でバナー画像を作り、それに「Phonto」で文字を入力していく過程をお伝えします。

「ibis Paint」でのバナー作成の方法

最初に「ibis Paint」のダウンロード、および、インストールです。お持ちのスマホに合わせて「App Store」か「Google Play Store」のどちらかからダウンロードしてください。

スマホに「ibis Paint」をインストールできたら、アプリを開いてみましょう。今回はバナーに使用したい画像がすでにある前提で進めていきます。

アプリを開いたら、「マイギャラリー」というところをタップします。ここは、編集前後の画像一覧を表示したり、ファイル形式の変換などを行ったりするためのコーナーです。スマホ内にある画像を登録すれば、すぐに「ibis Paint」で編集できるようになります。

いちばん最初はマイギャラリーの中には何もありません。そこで、「+」をタップして、編集したい画像を選びます。

この時、画像のサイズも選べるのですが、ブログのアイキャッチなどに用いる画像の一般的な比率は16:9とされています。ただ、その比率にこだわらなくても、自分の好みのサイズでかまいません。

「ibis Paint」では自由にサイズと比率を決定できるようになっています。

画像の背景色を決める

開いた画像に背景色を付けましょう。アプリの画面内に消しゴムのマークがありますが、そこをタップしてバケツのマークにしてください。

次に、好きな色を選びますが、右上の円の好きな位置をタップすれば、好きな色合いのカラーを選ぶことも可能です。色が決まったら、タップすると画像に色付けされます。

別の画像を重ねることも可能

背景となる画像の上に、別の画像を重ねることも可能です。画面下に「1」と数字のあるマークがあるので、そこをタップしてみてください。

次に表示された画面内にあるカメラのマークをタップします。すると、スマホ内にある画像を選べるので、重ねたい画像を選んでみましょう。スマホ内にある画像だけでなく、Dropboxなどのクラウド上にある画像も選べます。

画像を選択したら、指で動かして好きな位置に移動させてください。ピンチアウト/インで画像サイズも自由に変えられます。位置とサイズが決まったら、「OK」ボタンをタップです。

共有で完了

以上で背景画像は完成です。今度はそれを自分のギャラリーで共有します。3つの点がつながっているマーク(共有マーク)を選び、その際、Jpegなどの画像形式も選びましょう。

ここまでできたらバナーの背景は以上です。次に、「Phonto」を使って文字を背景画像に入れていきます。

「Phonto」を使って画像に文字を入れる方法

「Phonto」を開き、画面右上の画像を選択するマークをタップします。スマホ内に保存している画像を読み込むことができるので、先ほど「ibis Paint」で作成した画像を選びましょう。

すると、「Phonto」の画面に先ほどの画像が表示されます。

文字の追加

「文字の追加」を選び、「フォント」からお好みのフォントを選びます。「Phonto」にはさまざまな種類のフォントがありますが、最初の時点で使用できるフォントはそう多くないはずです。使用したいフォントが見つかったら、それをタップするとダウンロードできます。

文字のフォントが決まったら、文字の色を決めます。「スタイル」をタップすると「文字色」が表示されますが、下の赤、緑、青のバーを調整することで好きな色合いにすることが可能です。使いたい色が決まったらタップで決定します。

文字の大きさを変える時は、先ほどの「フォント」や「スタイル」を選んだ画面に「大きさ」という項目がありますので、それをタップしてください。

「+」と「-」のマークとともにバーが表示されるので、それを左右に動かして自由に文字の大きさを変えられるようになっています。

画像の保存

文字のフォント、色、大きさが決まったら、最後に保存して完了です。アプリの画面右上に保存マークがあるのでそれをタップしてください。

以上で、アプリだけでのバナー作成の完了です。

背景画像を透明にする方法

「ibis Paint」と「Phonto」を使えば、もっといろいろなこともできます。たとえば、背景画像の形式をPNGに変更して背景色を透明にすることも可能です。

サイトのロゴやヘッダー用画像などを作成する時におすすめです。

「ibis Paint」で背景画像を透明にする

「ibis Paint」を開き、画面下の「1」をタップします。「レイヤー」画面が表示されるので、ボタンをタップして透明にしてみましょう。

背景画像が透明になったら、その上に重ねる写真やイラストを選びます。カメラマークをタップし、スマホ内の画像を選んでください。画像の位置やサイズは自由に変更可能です。

なお、自分で作成したイラストがない場合は、フリーのイラスト素材を使用するのでもかまいません。とはいえ、「ibis Paint」を使えば簡単なイラストはすぐに作れるので、初めてでも挑戦してみてはいかがでしょうか。

「BACK」をタップしてまずは保存、次に、先述した共有マークをタップし、画像をPNG形式で変換後、お好みのアプリに共有します。

「Phonto」で文字の追加

先ほど作成した背景が透明の画像に、「Phonto」で文字を追加します。

「Phonto」を開き、画面右上の画像マークから先ほど作成した画像を選んでください。画像が表示されたら、画像マークの横にある鉛筆のマークをタップしましょう。

自由に文字が追加できるほか、文字の装飾もお好みにできます。

最後に右上の3点マークから「設定」を選び、「画像の出力形式」でPNGを選ぶと完了です。他アプリに共有したい時は、「ibis Paint」の時と同様に共有マークから共有してください。

「ibis Paint」と「Phonto」を使えば初めてでも簡単なバナー作成

「ibis Paint」と「Phonto」を使ってバナーを作成する方法をお伝えしましたが、上記のように特に難しい手順はありません。加工したい画像があれば、スマホ1台でいつでもどこでも加工できます。

どちらのアプリも感覚的に操作できるので、まったく初めてでもすぐにできるようになるでしょう。

イラスト制作のことならオリラボに何でもお任せください!
あらゆるタッチに対応可能ですので、ご希望通りのテイストでハイクオリティなイラストを短納期で制作いたします。
ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

関連記事