マガジン

副業でデザイナーとして稼ぐには?仕事の探し方と働き方のポイントを知ろう!

家で作業を行うことができるデザイナーの仕事は副業としても向いており、副収入を稼ぐ手段として本格的に考えている方も多いようです。グラフィックソフトやツールの性能・機能が向上したことで、個人でもデザイナーに必要な環境を整えやすくなっているのもその理由でしょう。

しかし、副業としてデザイナーが実際に稼ぎやすいかと言えば、事情が異なります。副業としてやっていくには、案件をクリアできるスキル・知識が必要になる他、コンスタントに案件を獲得し、仕事を継続できる環境づくりが欠かません。この問題をどう解消するか、これがデザイナーとして稼いでいく上での最大のポイントとなるでしょう。

そのためには、仕事の探し方、そしてどうやって日常生活の中でデザイナーの仕事を副業として続けていけばよいのかを知っておく必要があるでしょう。

グラフィックのデザインをメインにするか、幅広くWebデザイン関連の仕事もこなしていくかの選択

副業としてデザイナーをする場合、フリーランスで案件を獲得しながら仕事を行う形となります。デザイン会社やWeb制作会社に就職してフルタイムの社員として働く場合とは異なり、自分で仕事を獲得することで、収入の手段を獲得していくことが求められます。

そうなると、どんな仕事があるのか、どんな仕事ができるのかが気になってきます。所属しないフリーランスのデザイナーにはどんな案件が用意されているのか、その中で自分がどんな案件に対応できるのかを考えましょう。

副業のデザイナーの案件でもっとも多いのが、Webデザイン関連の仕事です。Web制作の作業の一端を外注の形で請け負うことが多く、ページのデザインが主な仕事になります。フリーランスの場合は、サイト全体のデザインを担当することは少なく、作業量もそれほど多くありません。

案件によっては、デザイナーの枠を超えた作業を求められることもあります。HTMLやCSSのスキルはもちろんのこと、Photoshopをはじめとしたグラフィックソフトのスキル、さらにJavascriptなど、プログラミング言語に関するスキルも必要とされるかもしれません。言い方を変えれば、グラフィック関連以外の知識・スキルを持っているほどいろいろな案件に対応でき、稼ぐ機会を得られるということになります。

純粋にグラフィック方面、イラストをはじめとした画像制作の案件もあります。Webデザイナーというよりも、グラフィックデザイナーとしてやっていきたいと考えている方に向いているでしょう。Web・紙媒体を問わず、イメージキャラクターやロゴデザイン、背景などのデザイン・制作を担当することになります。

グラフィックデザイナーの案件では通常、PhotoshopやIllustratorといったグラフィックソフトで制作するのが一般的です。なお、紙媒体のデザインを行うDTPデザイナーとしての仕事もあります。

つまり、グラフィックのデザインをメインに仕事をこなしていくか、もう少し広くWebデザイン関連の仕事もこなしていくかで、フリーランスのデザイナーとしての立ち位置も大きく異なってくると言えます。自分の現在のスキルや関心はもちろん、将来的にデザイナーとしてどんなキャリアを積んでいきたいかなども考慮して、検討してください。

副業で稼ぐ!デザイナーが求められる案件は?

これからデザイナーを副業にしたいと考えている方、または始めたばかりの方は「自分にはどんなことができるんだろう?」と不安に思っているかもしれません。自分で案件を獲得して作業を行っていく以上、実際にどのような作業を行うのか、グラフィックデザインのスキルを身につけることでどんな作業を担当することができるか、自分が対応できる範囲をある程度把握しておきましょう。いざ案件を受けてみたら、自分のスキルでは到底対応できないような内容だった…といったことは避けたいところです。

Webページのデザインとキャラクターや背景などのグラフィックのデザイン

グラフィックデザインの仕事と言えば、これらを連想する方も多いはずです。しかし、こうした仕事はある程度の実績やスキルがないとなかなか獲得できない面もあり、まだ経験が乏しい方はもっと幅広い作業を対象にして案件を探していくことになるでしょう。

ロゴとバナーのデザイン

どちらも小さなサイズのデザインですが、サイトやその企業・店舗のイメージを決定づける、非常に重要な「顔」としての面も持ち合わせています。Webデザインの分野でよく見られ、個人経営のサイトがフリーのデザイナーに依頼することが多く、案件を獲得しやすいのもポイントです。単価はそれほど高くありませんが、求められるスキルもそれほど高くなく、最初はこの分野でコツコツと実績を重ねていくと良いかもしれません。

特に、バナーはWebサイトだけにとどまらず、SNS、ブログ、さらにyoutubeなどで幅広く活用される機会が増えており、需要の増加に合わせて、制作を担当するデザイナーの需要も高まっています。バナーは限られたスペース内に必要な情報を盛り込みつつ、インパクトのあるデザインにすることが求められます。グラフィック制作スキルはそれほど高いものは求められない一方で、コツやセンスが問われる部分もあります。この点からも、デザイナーとして経験を積む良い機会となるでしょう。

ネット広告のデザイン

バナーやロゴデザイン制作と共通する部分もありますが、こちらはもう少し高いスキルや実績が求められます。この案件を獲得できるようになれば、本格的にデザイナーを副業として稼げる段階に入りつつあると判断できるかもしれません。

Youtubeでのサムネイル作成

さらに近年増えているのがこちらの案件です。動画の看板とも言えるサムネイルは、視聴者数とクリック数を左右する非常に重要な部分です。その一方で、グラフィック制作のスキルそのものはそれほど高いものは求められず、制作のコツさえつかめれば、経験をそれほど積んでいないデザイナーでも十分対応できるでしょう。

個人でサムネイル制作を手掛けているデザイナーなどもおり、この仕事をメインに稼ぐことも可能です。Youtuberに代表されるように、個人レベルでの動画制作・投稿がどんどん増えている今、サムネイルを外注するケースも増加しています。今後、活躍を広げることが期待できる分野です。

紙媒体をはじめとしたフィジカルなデザイン

こちらの需要もまだまだ多く、キャラクターグッズが人気を集めているように、「売れるデザイン」に対する需要が幅広い分野であります。チラシやカタログのデザイン、あるいはイベントの招待状のデザインなどの案件も多く見つけることができます。サラリーマンが凝った名刺を作るために、フリーのデザイナーに案件を発注するというケースも見られます。

他には、製品のパッケージや雑誌やパンフレットの紙面のデザインの案件もあります。後者の場合は紙媒体・デジタル媒体共通のデザインを担当することも多く、グラフィック制作のスキルと全体の画面構成やバランスを決めるスキルの両方が求められる案件になる傾向が見られます。担当する機会があれば、紙・デジタルを問わず、デザイナーとしての経験を積む良い機会となるでしょう。

全般的に見て、インターネット・デジタル媒体の案件の方がハードルは低く、経験が浅いデザイナーでも仕事を見つけやすいと言えます。紙・フィジカルの媒体の案件は、経験やスキルが求められる一方で単価も高く、この分野の案件を獲得できるようになれば、本格的にデザイナーの副業として軌道に乗せることができるでしょう。

デザイナー向けの案件を獲得するには?

デザイナーの仕事内容、実際に見つけられる案件・作業の種類を把握した上で、自分ができそうな仕事、あるいは経験を積んでみたいと思う仕事を探し、キャリアを積んでいきましょう。お金を稼ぐだけでなく、デザイナーとしてのスキルや適応力を磨きながらのキャリア形成がポイントになってきます。

この副業としてのデザイナーのキャリア形成に欠かせないのが「仕事の探し方、獲得の仕方」です。基本的には自分で売り込んで案件を獲得していく必要があるだけに、いい意味で「自分を高く売る」「アピールする」自己プロデュース・マネージメント能力が求められます。逆に言えば、いくら優れたスキルがあっても、何もしなければ仕事を獲得できず、稼ぐこともできないわけです。

デザイナーが仕事を獲得する手段としては、以下のような選択肢があります。

クラウドソーシングを利用する

誰にでも利用できて仕事を獲得しやすいのがこの方法です。Webサイト上で仕事を発注したい人と受注したい人とを結びつけるサービスで、双方がサービスに登録した上で、発注者は案件を登録し、仕事を探している人は受注したい案件があったら応募するという形をとります。

誰にでも登録できますし、無料で登録・利用できるクラウドソーシングサービスがほとんどですから、未経験のデザイナーでもすぐに仕事を探すことができるのが大きなメリットです。

このクラウドソーシングにおけるデザイナーの案件には、大きく分けて2つのタイプがあります。1つはデザイナーを募集しているタイプ、つまり一般的な募集型です。ある作業をデザイナーに担当してもらいたいと思っている人が案件を掲載し、応募者の中から良さそうなデザイナーを選んで契約します。デザイナーはそのクライアントの要望に基づいて作業するという、非常にわかりやすい仕組みです。

もう1つのタイプ、コンペ形式では、案件や条件を提示した上で広くアイデアやデザインを募集する方法です。応募者の中から、募集した人がもっとも良いと判断したものが採用され、報酬が発生する仕組みです。一般的な募集型と異なるのは、応募と同時にアイデアや作品を提出する必要があること、そして採用されなければ報酬が発生しないことです。

こうして見ると、コンペ形式は応募するデザイナーの側からするとあまりメリットがなさそうにも思えますが、誰でも気軽に参加することができ、未経験・初心者にとっては良い経験になります。

また、採用されなかった場合でも、クライアントが良いデザインだと判断したデザイナーに対しては、別途の案件のオファーが来るケースも見られます。こうしたコンペは、ある程度規模の大きなプロジェクトを手掛けているWeb制作会社が外注先探しの手段として行うことが多いため、そのコンペを通してそのWeb制作会社に評価された場合には、後日の案件で声をかけてもらえるチャンスも出てくるのです。

「お金を稼ぐ」という観点からすると、コンペ形式はあまり良い選択肢とは言えないため、仕事探しのメインの方法としては向いていませんが、時々参加して見るとよいでしょう。

このクラウドソーシングのメリットは、幅広い案件があり、発注元も非常に幅広い点です。Web制作会社などのプロだけでなく、個人が募集していることも多く、それほど高いレベルのスキル・知識がなくても対応できる仕事を見つけやすいのです。

例えば、個人のWebサイトのためのロゴやバナーづくり、個人経営の店舗のサイトのデザインなどがあります。こうした案件の単価はそれほど期待できませんが、いろいろな仕事をコツコツとこなしていくことで実績を作ることができますし、クラウドソーシングのサービス上でもそうした過去の案件の実績が記録されます。「これまでこんな仕事を手掛けてきました」「自分はちゃんと納期内に仕事をこなすことができます」といった自己アピールの手段としても役立てることができます。

ツテもコネもないという方は、クラウドソーシングで実績と経験を積むと良いのではないでしょうか。

フリーランス用のエージェントを登録する

この選択肢の最大の魅力は、やはり「仕事を紹介・斡旋してくれる」点です。

基本的に自分で仕事を獲得する必要があるフリーランスのデザイナーは、うまく仕事を獲得してコンスタントに収入を得られるかどうかは、本人のアピール力や積極性といった性格面に左右される面があります。抜群のセンスとスキルを持っているのに、引っ込み思案でアピールが下手なばかりに、デザイナーとしてやっていけない、というケースも十分に考えられます。

その点、この選択肢は例外的と言えるかもしれません。エージェントに、あらかじめ希望する条件を所属のコンサルタントやアドバイザーや伝えておくことで、それに適合した仕事を紹介してもらうことができます。極端な話、自分は待っているだけでも仕事を獲得できるわけです。

また、実際に仕事の話が来た際には、クライアントとの条件交渉をエージェントが間に入って行ってくれるサービスも利用できます。押しが弱い人、まだ自分の実績やスキルに自信がない人ほど、クライアントが有利な環境で「丸め込まれてしまう」面もあるだけに、見逃せないメリットと言えるでしょう。

一方で、エージェントで仕事を獲得するためには、ある程度の実績やスキルの裏付けが求められることもあります。エージェント側に伝えられる希望条件が本人のスキルや実績に見合っていない場合、適合する案件を見つけるのが難しくなるからです。条件を伝えておけばいい仕事が黙っていても入ってくる、といった甘いことはないので、その点はご留意ください。

また、エージェントのサポートを受ける分、クラウドソーシングなどに比べると、やや単価が低くなる面も見られます。とはいえ、フリーランスのデザイナーが仕事探しをする上で、とても魅力的な選択肢となるのは間違いないでしょう。

コネを使って仕事を探す

意外に侮れないのが、コネやツテをたどって仕事を獲得する方法です。個人がネットビジネスを行うケースも増えていますし、Youtuberのように、個人が動画を作成して収益化を目指すやり方も人気を得ています。そうなると、個人レベルでデザイナーのスキルを求める機会も当然増えてきます。

自分ではサイトやグラフィック、サムネイルなどをデザインするのは難しい、かといって、プロのデザイナーやWeb制作会社に依頼するだけの予算はない…そんな方は、もっと気軽に依頼できるフリーランスのデザイナーを探すことが多いのです。探す際には、先程挙げたクラウドソーシングを利用することが多々あります。

そうなると、身近な友人・知人・身内にデザイナーを必要としている人がいるかもしれません。また、こうした身近な人が、デザイナーを探している人を知っているかもしれません。こうしたツテをたどって、仕事を獲得するわけです。

純粋に副業としてコンスタントに稼ぐ方法としては、あまり適していない選択肢かもしれません。継続的に仕事を獲得するのに向いていないからです。しかし、無視できないメリットがいくつかあります。

クラウドソーシングやエージェントを利用した場合に比べて、中間マージンが発生しないため、高い単価で請け負える可能性が出てきます。ただ、親しい友人の場合は逆に安くやることになるとか、現金ではなく「今度飲みに行ったときにおごる」といった形になることもあるので、「親しい人といかにビジネスライクに話ができるか」もポイントになってくるでしょう。

実績を作るのに役立つ点も、特に実績が乏しいデザイナーにとって魅力的です。実績がないと、いつまで経っても仕事そのものを手掛ける機会が得られない可能性もあります。性格的に引っ込み思案な方はなおのこと、友人・知人のツテなら気兼ねなく受けられるメリットがあります。もちろん、報酬が発生する以上、きちんと求められた作業をこなす必要があるわけですが、条件などの面でいろいろと相談できる部分が間違いなくあります。「納期はもうちょっと伸ばしてくれない?」「この作業は大変だから、もうちょっと報酬くれない?」といった話し合い(交渉)ができるわけです。

比較的気軽にできる作業を通してスキルと実績を重ねていけば、クラウドソーシングやエージェントで仕事を獲得しやすくなります。いわば、デザイナーとしての踏み台に適した選択肢と言えるでしょう。

SNS・ブログを活用して宣伝する

自己プロデュース・アピールを積極的に行う方法として有効なのが、SNSやブログを活用した情報の発信です。つまり、自分のSNS・ブログを運営して自分の作品を紹介し、案件を募集するわけです。

SNS・ブログの普及によって、誰でも簡単に広く自分をアピールできる環境になりました。特に、デザイナーやイラストレーターといったグラフィック関連は、視覚に訴える部分が強い分野なだけに、これらのメディアを活用した宣伝がとても役立ちます。投稿された作品をパッと見て「これだ!」と思えば、すぐに問い合わせができるので、デザイナーを探している人にとっても人材探しに適した方法なのです。

言葉での自己アピールが苦手な方でも、この方法なら自分の作品でもってアピールすることができますし、依頼する側も、あなたが投稿した作品を見て「この人ならこちらの要望に合ったものが作れるだろう」と判断した上で依頼することになります。ですから、いざ依頼内容を聞いた段階で「これは自分のスキルでは無理かも…」といった状態に陥る可能性が非常に低くなります。

フリーランスのデザイナーでなかなか思うように仕事を見つけられない原因の1つとして、こうした自分のスキルへの自信のなさがよく見られます。常に「本当に自分にこの案件ができるのか」という不安を抱えながらクラウドソーシングに応募し、エージェントからの紹介を検討することになってしまうのです。

SNS・ブログでの自己宣伝は、こうした不安点を解消できる意味でも非常にメリットがあります。投稿した作品を通して「私はこれだけのスキルがあります。興味がおありでしたらご連絡ください」といった形でアピールできるのです。

その他の方法

その他、自分が在籍していた会社やスクールからの紹介を利用する方法が挙げられます。広い意味でのコネ・ツテですが、個人的なつながりではなく、もっとビシネスライクなつながりを活用している点が大きな特徴です。

このタイプでもっとも有効に活用できるのが、デザインスクールの提供する案件でしょう。あくまでスクールに通ったことがある方前提の話となりますが、こうしたスクールでは、就職・転職先の斡旋やフリーランスとして活動する上でのサポートも行っています。受講後も継続したサポートを受けられるスクールもありますから、スクールを卒業してしばらくの間はこのサポートを利用しながら、仕事を獲得して実績を積んでいくのも良い方法です。言い方を変えれば、デザインスクール選びの際には、この点のサポートが充実しているかどうかも大事になってくるでしょう。

さらに、本業として働いている職場のつながりを通して、案件を探す方法もあるでしょう。デザイン関連の会社に勤めていない場合でも、会社用のWebサイトの制作など、デザイナーの需要はたくさんあるものです。自分の会社のWebやロゴデザインの制作を手掛ける、あるいは取引先の会社で何らかのデザインの仕事を請け負うといった選択肢も出てくる可能性があります。契約の際などにいろいろなしがらみも出てくるのでちょっと難しい部分もありますが、うまく行けば、職場を通してデザイナーとしてのコネを広げていくチャンスも得られるでしょう。

重要なのは、1つの方法に絞るのではなく、複数のアプローチを併用しながら、うまくコンスタントに仕事を獲得していく環境を築くことです。クラウドソーシングに登録して募集を探しつつ、エージェントに登録して紹介を待ち、自分でSNS・プログを運営して自己アピールを行う…副業として継続的に続けるためには、こうした努力・習慣を継続して行うことが求められるでしょう。

イラスト制作のことならオリラボに何でもお任せください!
あらゆるタッチに対応可能ですので、ご希望通りのテイストでハイクオリティなイラストを短納期で制作いたします。
ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

関連記事