マガジン

デザイナーへの依頼って難しいの?うまく仕事を依頼する方法と注意点とは?

これからビジネスを始める人、または既存のビジネスを発展させていきたいと考えている人は、チラシやホームページなど、デザインをかっこよくしたい、イメージアップしたいと考えていることでしょう。自分でクリエイティブなものを作れるのであれば思い通りのデザインを作成できるかもしれませんが、なかなか簡単にはいかないものです。そんな時には、デザインをプロに依頼することを検討しましょう。

デザインの仕事を依頼するには?

知り合いにイラストレーターやウェブデザイナーがいるのであれば紹介してもらうこともできますが、その場合はその方に仕事をお願いするという前提で話が進むこともあるので、注意が必要です。過去の作品などを見て気に入っている場合や、予算以内に報酬が収まることが事前にわかっている場合であれば、打ち合わせを行った後に、正式に依頼することもできるでしょう。

気をつけておきたいのは、作品を見たことがなく、報酬金額もいくらぐらいなのかの想像もつかない段階で、顔合わせや打ち合わせを行ってしまうことです。紹介でお会いした方の作品があまり好みではなくても、非常に断りづらい状況に陥ることもあります。うまく話が進まず、紹介してくれたい人との関係性もギクシャクしてしまうようなことになれば、余計な悩み事も抱えてしまう残念な結果になりかねません。いい人を紹介してもらえればラッキーですが、うまくいかないこともあると想定しておくことが大切です。「気軽な気持ちで会ってみて!」と言われたとしても、商談が成立しない可能性もあることを事前に確認した上で、話を進めるべきでしょう。

クラウドソーシングを利用してみる

知っている人に気を遣いながらデザインの依頼をするのは気が進まないという方には、クラウドソーシングサービスを利用することをおすすめします。クラウドソーシングとは、サイト上に登録しているクリエーターやデザイナーに向けて、仕事を発注することができるシステムです。

オンライン上で、匿名でのやり取りができるため、これまでの人間関係などを気にすることなく、デザインの希望と予算を伝えることができます。もちろん、匿名だからといって、無理難題を押し付けるようなことは絶対に控えるべきですが、自分がイメージしているデザインを想定していた金額よりも安く契約できることもあります。さまざまなサイトがあり、各社サービスや価格が異なりますので、自分に合うサイトから依頼するデザイナーを見つけてください。

クラウドソーシングを利用する最大のメリットは、金銭の収受は全てクラウドソーシングサービスを通じて行われるという点です。直接やりとりとする場合と違い、支払いを済ませたにもかかわらず、成果物を受け取れないといったトラブルを防ぐことができます。また、納期や条件面に関してもサイト上でやり取りするため、電話や打ち合わせで話した内容のように口約束だけで終わるということがなく、記録として残る点でも安心できます。

クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサービスで、登録者数、デザイナー在籍数とも非常に多いのが特徴です。コンペ形式でデザイン依頼を出すこともできるので、多くの人の目に触れ、応募が多数集まる可能性があります。デザインのイメージが漠然としか決まっておらず、さまざまなデザイナーから提案された応募作品から選んでみたいと思う方には、おすすめのサービスになります。費用や手数料などは他のサイトよりも高めの設定になっているので、報酬金額も高くなる可能性がある点には注意が必要です。

公式ページ

ランサーズ

クラウドワークス同様、日本最大級のクラウドソーシングサービスの1つとなります。デザインの受注画面に進むと、カテゴリーごとに、さまざまなクリエーターが自分の作品イメージとともに、おおよその予算を提示しています。「見積もり・カスタマイズの相談は無料です」とトップ画面に書かれてありますので、気に入ったデザインがあればサイト上からコンタクトし、まずは無料相談をお願いしてみることをおすすめします。予算と、納期、お互いの希望が一致すれば契約ということになります。見積もりの相談から始められる点が大きなメリットだと言えるでしょう。

公式ページ

ココナラ

ココナラは、スキルのフリーマーケットサービスとして、実績、人気があります。他のクラウドソーシングサービスでは依頼者が仕事内容を設定するのが一般的ですが、ココナラは、登録会員である売り手側が、自分の得意分野であるスキルを提供するサービスを行っているという点に特徴があります。どんなデザインの仕事を依頼したいかによって、イラストであったり、WEBデザインであったりといったカテゴリーから、クリエーターを選ぶことができるわけです。

依頼したいデザインのイメージが具体的にある場合は、イメージ画像を検索し、それに近いものを作成できそうなクリエーターさんに直接相談して依頼することもできます。イラストのデザインだけ、アイコンだけ、ロゴデザインだけなど、細かいデザインの仕事だけを依頼することも可能です。クリエーターの参考作品を見て発注することができるので、好みのデザインを安く依頼できる可能性があります。

公式ページ

Skillots

Skillotsは、スキルを売りたい人と、そしてそのスキルを買いたい人とをマッチングさせるサービスです。依頼したいデザインのカテゴリーが豊富に分かれているので選びやすく、料金の目安を入力することもできますので、予算に合ったクリエーターを簡単に検索することができます。

Skillotsの特徴は、契約者同士でトラブルが発生した場合、Skillotsが主体的に責任を持って解決に取り組んでくれる点です。他のクラウドソーシングサービスでは「契約者同士で解決してください」と書かれてあることが多いので、トラブル対応が苦手な方にとってSkillotsを利用するメリットは大きいと言えます。

公式ページ

デザイナーへ依頼するときの注意事項

知り合いに依頼する場合も、クラウドソーシングサービスを利用する場合にも、デザインを依頼するときにはできるだけ明確なイメージを伝えることが大切です。「そのデザインを何に利用したいのか」「デザインを使うことでどんな効果を期待しているのか」などの希望をきちんとデザイナーに伝えることができなければ、こんなはずじゃなかった…という結果が起こり得ます。

また、「何でもいいので、全てお任せします」という依頼の仕方は、依頼された方も困惑します。出来上がった成果物を見て気に入らなかった場合でも「全てお任せすると言ったじゃないですか!」などと言われては、訂正してもらうこともできません。希望するイメージに近いクリエーターさんに依頼できたとしても、きちんとデザインのすり合わせは行うべきです。

デザインの仕事によっては、ラフ案や途中過程で確認することが出てくるでしょうが、最初に伝えていたイメージと大きくデザインの路線変更をするようなことのないように気を付けましょう。何度もやり直しを依頼すると、「別料金で契約をお願いします」と言われてしまうようなことになりかねません。

依頼する時にはデザインを使用することで、顧客にどんなイメージを持ってもらいたいのか、そのデザインを使ってどういう販促を行っていきたいのかなど、相談の段階で具体的に話しておくことをおすすめします。

イラスト制作のことならオリラボに何でもお任せください!
あらゆるタッチに対応可能ですので、ご希望通りのテイストでハイクオリティなイラストを短納期で制作いたします。
ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

関連記事