マガジン

動画編集の外注で失敗しない!依頼方法のポイントと大阪のおすすめの業者を紹介

インターネットを使ったマーケティングが主流になっている今、動画を使って潜在顧客に商品やブランドをアピールする重要性が高まっています。短い動画であっても多くの人の心に訴えることができ、強い宣伝効果を上げることも可能です。そのため、これから自社ブランドを盛り上げるために、動画を使っていきたいと考えているところも多いはずです。

そこで、動画編集をプロに依頼するべき理由や、どのように依頼すれば失敗せずに済むのかについて、事前に学んでおくことが必要と言えます。依頼の際にクライアントとしてすべきことを把握しましょう。大阪で実績を積み上げているおすすめの業者も要チェックです。

動画編集をプロに依頼した方が良い理由

YouTubeなどの動画投稿サービスの普及によって、動画を作って発信するのはごく当たり前のことになっています。しかも、制作や編集に使えるツールや機材が安価に手に入るようになり、素人でも簡単に操作できるため、誰でもそれなりの質の動画を作れます。それでも、この道のプロに依頼するメリットはやはり大きなものがあります。外注費用をかけてでも業者に依頼すべき理由を考えてみましょう。

作業効率が良くなる

たとえ数分の作品であっても、動画の制作や編集にはかなりの時間がかかるものです。編集経験のほとんどない素人が行うなら、なおさらです。内製しようと思ったら、社員を動画制作のために割り当てる必要があり、本来業務に充てられる時間が大幅に削られてしまいます。その分、その他の業務がおろそかになるかもしれませんし、人件費もかかってしまいます。

その点、外部の業者に編集を依頼すれば、打ち合わせや仕上がりチェックの時間くらいで、後はすべて任せておけます。それだけ作業効率が上がって、無駄な時間も人件費もかけることがありません。プロは制作管理を厳密に行っていますし、そもそも作業自体のスピードも速いので、納品までの期間が短いです。自分たちで作るよりもずっと早く、より良い動画を手に入れられるわけです。その時間をよりプロモーション活動に充てることができます。

優れたデザインの動画に仕上がる

プロに依頼する場合の大きな利点は、優れたアイディアとセンスを持っているので、より美しく心に訴えかける内容に仕上がることです。クライアント側で映像や音声などの素材を渡すとしても、その構成や効果の付け方、字幕の選び方などによって、見栄えが大きく変わります。ちょっとしたトリミングの仕方などによっても、視覚効果が随分違ってきます。その辺りは、プロならではの感性がモノを言う世界です。豊富な制作実績から、どんな見せ方が一番良いのかというノウハウを知っていますので、素人が作るのとは大きく異なる作品になるわけです。

また、自分たちとは違う感性やアイディアを提案してくれますので、今までにない切り口でのプロモーションができる可能性を生み出します。商品の魅力などを、映像を通して、新しい形で発見できる機会となるかもしれません。業者ごとにこうした感性やアイディアは異なるものですので、複数の会社に見積もりを依頼することで、それぞれの案を確認できます。その中から、より効果的と思われるものを選んで使えるというのも、業者に依頼するメリットと言えるでしょう。

分かりやすい説明になる

動画には、そもそも文字だけでは伝えづらい難しい考えや概念を、多くの人に分かりやすく伝えられるというメリットがあります。この面で、プロは視聴者を意識し、分かりやすい映像にすることをとても大事にしています。商品や制度を特徴づける要素をピックアップして、それをシンプルに強調することで、文章にすると長くなってしまうものを短時間で説明できます。また、イメージさせやすい映像を用いることで、理解を深めることもできるのです。

動画編集会社の中には、複雑なテーマを扱う情報番組や、長大な内容をまとめたドキュメンタリー番組などを手がけてきた実績を持っているところがあります。こうしたノウハウがあるおかげで、一見すると説明するのが難しそうな内容でも、シンプルかつ分かりやすく取り上げてくれます。ユーザーのためになる動画を作ることができますし、結果として、知名度を上げたり購買率の向上に貢献したりしてくれるわけです。一般には分かりにくく、商品説明に苦労しているといった問題を抱えているのであれば、分かりやすい説明にできないか、動画編集業者に相談してみると良いでしょう。

高価なツールで編集してもらえる

今や、動画編集は無料のスマホアプリでもできる時代です。しかし、高度な技術を盛り込んだり、オリジナリティーに富んだ作品に仕上げたりするためには、やはりプロユースの高価な機材を使った方が絶対に良いです。しかし、自前で機材を揃えるとなるとかなりのコストがかかり、その費用を回収できるには至らない可能性の方が高いでしょう。その点、動画制作会社に依頼すれば、コストをかけずに、高価なツールを使った制作活動をしてもらえるわけです。

特に、最近ではVRやアニメ、CG、360度撮影など、最新技術を使った動画を作れるようになっています。自分たちでこうした動画を作ろうとすると、スタッフの確保や機材の購入などで、かなりの手間と時間がかかってしまうので、現実的ではありません。編集会社に依頼すれば、それほど費用をかける必要もなく、簡単に斬新な動画を作れます。映画やテレビ番組で見るような視覚効果の高い映像を自分たちでも手に入れられるわけですから、プロに頼むメリットはとても大きいと言えるでしょう。

マーケティングサポートを受けられる

多くの企業は、動画をWebサイトやSNS、YouTubeなどのメディアにアップして使います。こうした媒体では、単にコンテンツを配信すれば自動的にアクセスが集まり、成果につながるわけではありません。たくさんのライバルがいますので、綿密なオンラインマーケティングを行わないと、いくら優れた動画を用意しても、見てもらえないという事態になることもあります。また、再生回数が上がっても、それが購買などの結果に結びつかない恐れも出てきます。

そこで重要なのが、効果の測定や分析、集客力の高いマーケティング戦略を立てることです。動画制作・編集会社の中には、動画を作って引き渡したら終わりでなく、マーケティング支援までしてくれるところがあります。また、SNSやWebサイトなどの運営やアドバイス提供など、コンサルティングを実施している会社も見られます。特に、Web動画の制作をメインとしているところでは、制作チームとは別に、マーケティングコンサルタントのチームを持っていることが多く、より質の高い支援を期待できます。

単に動画を作るだけでなく、いかにしてそれを活用するかというところまで助けてもらえるのが、プロを頼るメリットであると言えます。より効果の出る動画の使い方を模索しているのであれば、こうしたサービスも積極的に使っていきたいものです。

動画編集を業者に頼んで失敗するパターン

動画編集を業者に依頼すれば、必ず最高の作品を手に入れられるわけではありません。業者選びを適当にしてしまうと、自分たちの要望に合った制作ができなくなる可能性があります。また、クライアント側で準備すべきこと、協力すべきことをしないでいると、「こんな動画になるとは思ってもいなかった」という事態になりかねません。せっかくプロに頼んだのに失敗してしまった…と後悔しないためにも、注意点を把握しておくことは大事です。

安さだけを考えて質が悪くなる

外注費用をできるだけ抑えたいと考えるのは当然のことです。また、予算の制限がありますので、その枠内でサービスを提供してくれる業者を探すことも必須と言えます。しかし、一番安いところにすれば良い、とコストだけを基準にして業者選びをすると、失敗しがちです。業者によって、持っている技術やツール、実績やノウハウに違いがあります。もちろん、安くても質の高い編集をしてくれるところはありますが、価格だけを考えると、質の悪い業者に当たってしまうリスクも十分にあるのです。

価格の安いところだと、質は平均点であっても、納期が遅くなるというケースも見られます。あらかじめ定めた納期を守ってくれないということもあり得ますので、事前にきちんと確かめておくべきです。他にも、安い分、引き渡しのファイル形式に制限があったり、修正依頼に対応できなかったりすることも考えられます。費用の内訳を詳しくチェックして、質が担保されているのかどうかを判断しましょう。

思っていたイメージと違う

こんな動画にしてほしいという要望を言葉にして伝えるのは、意外と難しいものです。納品されて上がってきたビデオを見ると、自分たちが思っていたものと違うという事態が起こ得ます。求めていた全体のイメージや説明の仕方、素材の使い方などにギャップがあり、お金を出してプロに依頼したのに、満足の行かない作品となってしまうのです。

ほとんどの業者で、仮納品をした動画については修正依頼を出せるとはいえ、大幅な変更は不可としているケースが多いので、結局、全体の雰囲気を変えることができずに終わってしまいます。そうなると、思い描いていた動画の運用ができずに、ターゲットに訴求しづらく、あまり効果の出ないプロモーションとなってしまうかもしれません。お互いの動画イメージをすり合わせるには、業者の聞き取り力やサンプルとなる動画を示せるかどうかが重要です。

当初の予算より高くついた

予算をあらかじめ決めて、その範囲内で依頼しようと思っても、最終的に予算オーバーしてしまうこともあります。その原因としては、基本料金だけで終わらず、追加費用がかかってしまうことにあります。シンプルな構成でまとめる安めのプランを依頼したけれども、仮納品された作品をチェックしたところ、物足りなかったといったことが起こり得ます。また、何らかの効果やBGM、ナレーションなどを追加することになれば、さらに料金がかかってしまうのです。

他にも、修正依頼を出したものの、あまり指示がうまく行かず、数回にわたって修正してもらわないといけないケースがあります。無制限の修正対応をしている会社もありますが、無料でできるのは2回までといった制限を設けている業者では、無料回数を超えてしまって、納得の行く仕上がりになるまでに追加料金を支払うことになった、という事態も起こり得るわけです。

作っても視聴してもらえない

せっかく満足の行く動画を手にすることができても、Webサイトや広告などにアップした後、視聴されないこともあります。再生はされるものの、商品の購買や集客などに結びつかず、成果にならないという問題も起こり得るでしょう。これは、動画そのものが悪いというよりも、その活用方法やマーケティングの仕方に改善すべきところがあります。今までオンラインコンテンツを使ったプロモーションをしてこなかったとか、動画広告の導入が初めて、というクライアントに起こりがちな例です。

動画制作会社では、制作だけでなく、コンテンツマーケティングについてのアドバイスをしたり、戦略立案のサポートをしたりするところもあります。こうした支援がない業者に頼んだり、あってもサービスを申し込まなかったりすると、こうした問題にぶつかるかもしれません。少なくとも動画マーケティングのノウハウがゼロの状態であれば、何らかのマーケティング面でのサポートを受けた方が安心と言えます。

納期まで時間がかかる

業者によっては、もしくは依頼する内容によっては、納期まで長い時間がかかってしまうことがあります。すぐにでも動画をプロモーションサイトやSNSにアップして、集客のために使いたいのに、無理と言われ、その計画が阻まれるかもしれません。または、提示された納期は短期間で仮納品も予定通りに行われたのに、修正依頼とその対応に手間取ってしまい、動画掲載の予定日より遅くなってしまうという失敗もあります。

業者側に問題があるケースもありますが、クライアント側がよく準備をしていなかったために、全体のプロセスが滞り、思うように進んでいかないのが原因となるケースも見られます。何らかのキャンペーンやイベントで動画を使うときは、掲載期間が決まっているはずですので、十分に余裕をもって依頼をすること、スムーズに作業を進めるために事前準備をしておくことが、失敗を防ぐために必要となります。

動画編集を業者に頼むときのポイント

後悔しない動画制作・編集のためには、クライアントとして考えておくべき点があります。中には、担当者だけでは決められず、社内で意見を統一しなければならないものもあります。そのための時間を十分取っておき、検討をしっかりとした上で依頼を行うことが、成功の秘訣です。

どこで流すのかを決めておく

動画は流すメディアによって、ファイルの形式や画質、サイズを変える必要があります。テレビCMで使いたいのか、YouTubeの動画広告なのか、SNSで配信するのか、といった点を明確にしておきましょう。映像の形式の違いとともに、それぞれの媒体によって、適した動画の雰囲気やテンポ、長さがあります。そのため、同じ映像素材を使うにしても、編集の仕方が随分変わってしまうのです。ここを明確にしておかないと、業者としても、最終的にどんな形で仕上げたら良いのか、困ってしまいます。

時には、同じ内容の動画を自社サイトでもSNSでも使いたいと考えることもあるでしょう。しかし、サイトで再生する映像は横長に、特定のSNSでは縦長にしないといけない、といったことも起こります。それぞれ適した編集ができるように、具体的にどのSNSで使いたいかも伝えておくと良いでしょう。加工を加えるときに、どちらにも使いやすい形での編集をしてくれます。

アピールしたいものの分析

その動画で何を目標とするのかを決めておきましょう。商品の認知度を上げるだけで良いのか、直接購買を促すものにしたいのか、といった目標です。そのためには、商品やサービスそのものをしっかりと分析しておくべきです。そして、特徴となるポイントのうち、特にどれをアピールしたいと思っているのかをリストにして、業者との打ち合わせの際に伝えましょう。漠然と、この商品の魅力を伝える動画にしてほしいと言っても、アピールポイントがはっきりしていないと、業者としてもインパクトのある動画にしづらいものです。

事前に、商品開発部やマーケティング担当、場合によっては経営陣も含めて、意見をまとめておかないといけません。ここにズレが起こると、納品された動画を社内でチェックするときに、これではダメという意見が出てきやすくなってしまいます。後で揉めることがないように、事前に分析と意見統一を図っておくようにしましょう。

ターゲットを決めておく

どんな層に対して動画を見せたいのかを決め、業者に伝達します。ターゲットの分類としては、年齢層や性別、関心事、すでにその商品を知っている人なのか、そうでないのか、といった点を考えます。異なる世代に訴求したいなど、ターゲットの範囲が広い場合は、その中でもある程度重視したい層を決めておくと良いでしょう。構成の仕方で幅広く訴求できるかもしれませんし、業者との話し合いで、的を絞らないと難しいという結論になることもあるからです。

もし、広い範囲への訴求をしたいのであれば、同じ商品について、いくつかの異なる動画を作成する可能性も検討します。一つの動画でまとめてアピールするよりも、世代ごとに異なる動画をバラバラに流した方が、結果的に心に響くマーケティングとなるかもしれません。特に、ネット広告の場合は、表示させる動画を年代によって分けて選ぶことも可能ですので、より効果的な方法となり得ます。

動画の時間を決める

動画を1分にするのか、10分にするのか、長さによって大きな違いが出てきます。動画時間によって編集費用が倍近くになることも珍しくありませんし、納期の長さも随分変わります。自分たちですべての映像素材を用意するのであれば、その準備も大変になります。何よりも、動画時間によってユーザーが最後まで見てくれる割合が変わりますし、目的に応じた長さを考える必要があります。作品のテイストや編集の質だけでなく、長さというのも効果に大きな影響を与えますので、じっくりと検討を重ねた上で依頼をするべきなのです。

一般的に、SNSの普及などによって、ユーザーは短い動画を好む傾向が強くなっています。長い動画だと、最後まで見てもらえる確率がかなり落ちます。ただし、テーマや投稿するメディアによって違いが出てくるため、どんな動画をどこに流すかを考えた上で、綿密な戦略を立てることで、適切な長さに決められるのです。もし、こうしたノウハウがないのであれば、コンテンツマーケティングに詳しい業者を選んで、アドバイスを得ながら決めていくのがベストです。

全体的な傾向として、動画は短い方が制作費用は安く、1分動画を割安で編集するプランを設けている会社も多いです。1分くらいの動画だと、どのタイプのメディアでも流しやすいというメリットもあります。初めて動画プロモーションをするとか、編集の依頼を今までしたことがないというのであれば、1分動画を試しに作ってみるのも良いでしょう。

予算を明確にしておく

格安を売りにしているところもありますが、やはり動画の仕上がりと費用は比例する傾向にあります。特に、3Dやアニメ、VRなどの最新技術を用いた動画にしたい場合は、費用を惜しむと、納得の行く作品にならないリスクが出てきます。といっても、良い動画にすることばかり考えていると、費用がどんどんかさんでしまいますので、最初に「ここまで出せる」という予算を明確にしておくべきです。その範囲内で最善の動画となるように、業者選びや編集の仕方を検討していくことが大事です。

予算がはっきりしていれば、見積もりを出してもらってから複数の会社を比較するのが楽になります。この際に注意しておきたいのが、追加料金がかからないかどうかを確かめておくことです。修正依頼を繰り返すことで追加費用が出てきて、予算をオーバーしてしまうことがあり得るからです。あらかじめ自分たちの予算を業者にも伝えて、追加費用がかかるとしても、この枠内で収めることを理解してもらいましょう。

必ず複数の会社で見積もりを取る

動画編集に関わらず、どのサービスでも言えることですが、一つの業者だけに任せるのではなく、必ず複数の会社に見積もりを出してもらい、比較しましょう。同じ依頼内容でも、かなり見積もり金額にばらつきがあることに気づくはずです。

ここで避けるべきなのが、自動的に見積もりが安い業者に決めてしまうというやり方です。見積もりが高いのには理由があって、もしかすると、より凝った演出をしてくれるのかもしれませんし、制作後の運用やマーケティングコンサルタントが含まれているのかもしれません。価格の詳細をしっかりとチェックして、判断すべきです。

見積もり依頼をする時には、同時に、どんな仕上がりになるのか、ある程度の編集シナリオの企画案を出してもらいましょう。単に価格の差だけでなく、アイディアの違いを見て、業者を比較できるからです。中には、見積もり額は高いものの、仕上がりのイメージは一番良く、魅力的になりそうな案を提示してくれる会社も出てくるでしょう。予算の範囲に収まっているのであれば、費用対効果を考えて、より質の高い会社を選ぶことができます。

大阪で動画編集会社を選ぶ際に着目したいサービス

大阪の動画編集会社でも、それぞれが売りとなるサービスを提供しています。どんな点に着目して業者を比較し、絞り込んだらよいかをチェックしてみましょう。

マーケティングの支援もしてくれるか

動画を作って配信すれば、自動的に集客できるというわけではありません。いかにして活用するかが重要な要素です。そこで、制作とともに、マーケティング支援もしてくれる、しっかりとしたノウハウを持っている会社かどうかを見ましょう。特に、動画広告を作りたいと思っているのであれば、どんな設定で出稿したら費用対効果が高く、成果率を高められるのかをアドバイスしてくれる業者を探すことは重要です。

修正依頼は無料で何回までしてくれるか

仮納品で上がってきた作品をチェックして、一発でOKを出せれば良いのですが、気になる点が出てくることも多いものです。その際には、修正依頼をすることになります。ほとんどの業者で修正対応自体は無料でしているのですが、その回数に制約が設けられていることがあります。2回までは無料、それ以降は有料になるといった具合です。もちろん、普通であれば何十回も修正依頼を出すことは少ないですが、思うように完成に至らないケースが出てくることもあり得ます。そのため、修正対応は無制限で応じるとしているところもあります。全体の料金設定と比較しながら、チェックしたいポイントです。

実績が豊富にあるか

年間制作本数、トータルでの実績は、じっくりと確認すべきです。実績があるということは、それだけ様々なタイプの動画編集に携わってきた証であり、ノウハウとアイディアの蓄積が多いことになります。また、たくさんの依頼に応えるために、効率的な制作管理システムを持っているため、より早い納期で完成できるケースが多いです。なによりも、たくさんの実績があると安心感がありますので、気持ちよく業者に任せることができます。

打ち合わせを丁寧にしてくれるか

自分たちの希望通りの動画に仕上げてもらうためには、綿密な打ち合わせが欠かせません。担当者が丁寧に聞き取りをしてくれるか、魅力的な提案、企画をしてくれるかといった点も、確認しておきたい部分です。ヒアリング力の高い業者は、それだけ制作意図やターゲットについての希望を汲んでくれて、それを映像に生かしてくれる傾向が強いです。後に修正依頼が生じた場合も、すぐに応じてくれて、スムーズに完成へと至るでしょう。担当者とのフィーリングや誠実さ、対応の速さといったものを見積もりの段階で見極めたいものです。

得意とするジャンルはなにか

一口に動画制作・編集と言っても、それぞれの業者で得意とする分野が異なります。アニメやCGの納入実績が豊富、ドキュメンタリー風動画が魅力的、WEB動画に特化している、といった違いがあります。クライアント側で、どのメディアにどんな動画を載せたいのかを決め、その上で求める動画のテイストに合う、得意ジャンルを持っている業者を見つけましょう。

特に、オンラインコンテンツを作りたいのであれば、動画広告なのか、SNSでの発信用にするのか、ブランドイメージ動画なのかといった違いで、大きく編集の仕方が変わります。また、ポップ調のデザインが多いのか、美しい風景を流す動画が多いかによっても、デザインの得意分野の違いが出てきます。

サンプルはあるか

業者ごとのテイストの違いを見るには、それぞれの会社が出しているサンプル動画を比較してみるのが一番です。多くの会社で、ホームページにいくつもの事例動画を掲載していますので、一度訪問してチェックしましょう。全体の構成の仕方や字幕や映像効果の入れ方、カット割りの仕方など、素人が見ても、その違いがはっきりと分かるほどです。自分たちが求める動画に近いサンプルを作っているところを見つけて絞り込むのも、業者選びの効率的な方法です。

見積もり依頼をするときや、正式に編集を依頼するときにも、サンプル動画があると助かります。「こんな動画にしてほしい」とサンプルを指定して、一緒に見ることができるからです。どうしても言葉で動画の構成や雰囲気を伝えるのは難しいものですが、参考になる動画があれば、それを基本として編集できます。打ち合わせのミスが減りますし、スムーズにヒアリングができて、すぐに作業に取りかかれるでしょう。

大阪のおすすめ動画編集業者をピックアップ!

価格やサービス、仕上がりの質の面で優れている大阪エリアの動画編集業者の中から、特徴的なサービスを売りにしていて、実績の高い会社をピックアップして、紹介します。それぞれに他にはないメリットがありますので、比較しながら、自分たちのニーズを満たしてくれる業者を探し当ててください。

CAMEL株式会社

企業を対象としたサービスと共に個人向けのプランも用意している会社で、上場企業や政府、自治体での制作実績を持っています。経験を生かした訴求効果の高いPR動画をはじめとして、複雑な事柄を分かりやすく説明する映像などの分野で定評があります。オンラインコンテンツの制作や編集にも力を入れていて、Webサイト内の動画やYouTube動画などについても、豊富なノウハウを蓄積しているのが強みです。非常に多くの案件を受託しているため、制作管理システムが充実していて、スピーディーかつ無駄のないプロセスで進められています。納期が早いので、すぐに作品を受け取れるでしょう。

クオリティーの高い動画を安く作れることも売りにしています。ネットショップ向けのシンプルな動画であれば1万円から受注していて、気軽に頼めるのがうれしいところです。しかも、このくらいの規模なら、最短で即日納品も可能となっています。

公式ページ

株式会社エルズ

気軽に動画作成を依頼できるよう、分かりやすい料金体系を明示している会社です。映像制作では10万円からの料金設定をしていて、いくつものプランを用意しています。たとえば、デジタルサイネージ制作や、ホームページ開設まで含まれたサイト用動画プランなどがあります。それぞれの用途に合ったプランを選ぶことで、スムーズに打ち合わせや開発プロセスを進めていけるのがメリットです。見積もりの段階でも丁寧に聞き取りをしてくれるので、制作意図などを伝えるのも楽で、失敗のない動画制作ができます。

一般企業はもちろんのこと、自治体や行政機関からの依頼もあり、信頼性の高い制作会社です。豊富な経験とノウハウを生かして、幅広い動画をターゲットに合わせて編集できるのが強みです。丁寧にそれぞれの要望をヒアリングして、オーダーメイドで動画を作っていく姿勢が特徴的です。そのため、決まりきった構成の動画ではなく、個性豊かで完全にオリジナルの映像を作れます。セミナー向け動画や商品紹介、会社案内など、異なるジャンルの動画をまとめて制作することも可能で、短い納期で質の高い作品を受け取れます。専属の担当者がこまめに連絡を取り、修正依頼の確認なども綿密に行うので、最後まで安心して任せることができます。

公式ページ

タイムリー

様々なプランを持ち顧客目線でのサービスを提供している制作・編集業者で、デザイン性に優れた動画を作ることで人気があります。よくある商品紹介や展示会用映像といったプランから、ミュージックPVまで、テイストの異なる幅広い動画を作ることができます。コースなどによる料金設定はなく、それぞれのクライアントと編集内容を綿密に話し合って、個別に見積もりを出すスタイルとなっています。そのため、自分たちの予算を伝えて、その範囲内で編集を依頼するといったことも可能で、柔軟な対応を期待できるのがメリットです。

CG制作などの特殊な技術を用いた編集にも携わっていますし、映画風のおしゃれな動画構成など、美しい映像を作ることに定評があります。商品や企業としての見方と同時に、視聴者の価値観を意識した企画をすることに力を入れています。単に見た目に良い動画ではなく、制作意図を汲み、ターゲットの関心を引き付けて、購買などの成果につながる動画にできるのが強みです。これを成し遂げるためにも、クライアントとの打ち合わせを大事にしていて、丁寧に聞き取りを行ってくれます。

公式ページ

株式会社Sand Sun Creative

豊富なアイディアと高い技術を持つ映像制作・編集会社です。いろいろなスタイルの動画を作ることができますが、特にシネマグラフの映像を強みとしています。静止画像のようなカットから、映像の一部分だけを切り取って、ループで流していくというスタイルの動画です。目新しい映像となるため、テレビCMなどでも用いられることが多くなっています。インパクトのある動画に編集したいといった要望を持つクライアントに人気があります。商品プロモーションで、競合との差別化を図るための工夫が欲しいと考えている企業にはぴったりです。

料金体系が分かりやすいのも、同社の特徴です。撮影から編集までパッケージになったトライアルプランが5万円と、とてもリーズナブルな設定になっています。10万円のスタンダードプランには、企画段階から修正対応まですべて含まれています。もちろん、細かな要望については別途見積もりを出してもらうことができますが、全体的に料金設定が明瞭なので、予算を組みやすいのがメリットです。編集加工の手法や構成、特殊効果を入れるかなど、細かく打ち合わせで指定することも可能ですので、コスパに優れた、納得の行く動画を作れます。

公式ページ

株式会社思創堂

長年の営業実績があるため、豊富なノウハウによるバリエーション豊かな提案をしてくれるとの定評がある会社です。年間120本を超える制作・編集実績があり、効率よくスピーディーに編集をしていくシステムを構築しています。特に、企画や撮影、編集など、それぞれの専門チームに分かれて作業を進めていく体制を作っていて、高い質を確保しつつも、最短時間での納品ができるのが強みです。専属の担当者が付きますので、要望を伝えやすく、急な変更などがあってもすぐに対応してくれるのもうれしいところです。

幅広い業種の企業からの依頼を受けて、異なるイメージの動画を作ってきました。アニメーションやVR、ドキュメンタリー風動画など、異なる技術とアイディアを駆使して、多彩な表現で編集できるのも特徴となっています。展示会で流すための映像をはじめ、イベント用動画や生配信動画、Web広告用動画など、メディアや目的の異なる作品作りも行っています。それぞれのニーズに合った柔軟な企画や運用サポートができるのがメリットです。

公式ページ

株式会社CapWorks

高度な技術とセンスが光る動画を提供してくれると評判の会社です。一般的なプロモーション動画はもちろんのこと、サイネージ広告やオンラインコンテンツに強いのが特徴です。静止画と動画をミックスさせたような仕上がりになるシネマグラフなど、特殊な作り方ができて、斬新な作品に仕上げられます。CG制作などの特殊効果を入れることもできて、様々な要望に応えられる強みを持っています。

さらに、企画や撮影、運用までのワンストップサービスを依頼することもできますし、テロップのみや動画編集のみといった、必要な工程だけを依頼することも可能です。ニーズに対して細かく対応してくれる、便利なサービスを提供しています。

料金設定は明確で、スタンダードプランは20万円、特殊技術を含んだプランは30万円など、予算設定がしやすいです。クライアントとの打ち合わせを丁寧に行い、制作意図や掲載メディア、ターゲットなどを細かく把握した上で、編集を行います。安心感のある業者を探している企業にも向いています。

公式ページ

coogo

テレビ業界で長年経験を積み、有名番組の制作にも携わってきたプロが手掛ける動画制作・編集会社です。こうした経験を生かした優れた企画力や演出力を武器に、魅力的な動画を提供することができます。上場企業からの依頼実績もたくさんあって、採用動画や商品や企業のプロモーション映像などに定評があります。ドキュメンタリー番組などを作ってきた経験から、難しい内容を分かりやすく、動画で説明する能力にも長けています。そのため、新商品をPRしたいといったニーズにも、効果のある仕方で対応できます。

人気の制作会社ですが、シンプルな動画であれば20万円から対応できるなど、リーズナブルな価格設定を取っているのもうれしいところです。個々の案件でじっくりとヒアリングをして、見積もりをしてくれます。オンラインコンテンツ制作にも力を入れていて、ネット動画広告やYouTube動画などの分野でも、豊富なノウハウを持っています。しかも、SEO対策やアカウント運用サポートなど、マーケティング支援も行っているので、心強いパートナーとして任せられます。

公式ページ

株式会社音動

大阪市だけでなく東京にもオフィスを構えていて、全国の企業からの依頼を受け付けています。ブランディング戦略に強いとの評価を受けています。同社は動画制作・編集事業の他に、ホームページ制作にも携わっていますので、オンラインマーケティング全般にわたるサポートを提供できる強みを持っています。オンラインコンテンツに適した動画の提案や編集が可能で、これからブランディング戦略を立てたいという会社であれば、戦略立案の段階からアドバイスもできます。

求人・採用動画のジャンルでも、実績が豊富です。動画だけでなく、同時に採用サイトの立ち上げをするパッケージプランも用意しています。ワンストップで必要なコンテンツをすべて持てるので、とても効率的なサービスと言えます。料金体系も分かりやすくて、それぞれの必要に合わせたプランごとに、価格が明示されています。バラバラにサイト制作や動画編集などを頼むよりスピーディーで、コストも下げられるので人気があります。

公式ページ

株式会社アッシュ

豊富なアイディアと多彩な表現力を武器に、あらゆる業界の企業への納品実績を持つ会社です。大阪市に加えて東京に拠点を持っています。テレビCMやYouTube動画の提供、研修用映像やリクルート動画など、幅広いスタイルの動画編集に対応できます。しかも、ARやVR、3DCGなどの特殊映像のノウハウもあります。専用機器も保有していますので、他ではできない目新しい動画に仕立てることも可能です。動画の長さについても、1分未満のものから長編作品まで作ることができ、あらゆるニーズに応えられる力を持っています。

イベントやライブの配信事業も行っていますので、アーティストが動画編集とファンへの配信をまとめて依頼することも可能です。さらに、YouTubeチャンネルを開設して動画を作り、運用していくという一連の流れをサポートするサービスも提供しています。オンライン向けの動画作りにおいてもノウハウがあり、時代のニーズに合ったコンテンツ制作を後押しします。同じ内容の動画をサイト用、YouTube向け、社内研修用など、形式を変えてまとめて作るといった要望にも対応しています。効率よくいくつもの動画を作る体制を整えていますので、最短の納期でリーズナブルな料金で提供できるのが強みです。

公式ページ

長く付き合える動画編集業者を見つけてプロモーションに役立てよう

今の時代、動画は企業や商品をアピールするのに欠かせないものとなっています。さらには、YouTubeなどのメディアで魅力的な動画を投稿すること自体で、収益を上げられるようにもなっています。それだけに、質の高い作品を提供できないと、ライバルとの競争に勝つのは難しいという側面も出てきています。こうしたことから、個々の商品やサービスの魅力を最大限に伝え、ターゲットの心をつかむ動画を作るために、プロの手を借りることは大事です。

大阪にもこうした要望に応えてくれる、技術もセンスも優れた動画編集業者がたくさん存在します。それぞれに得意とする分野やサービス提供の仕方、マーケティング支援の有無などに違いがあります。こうした違いを見るためにも、複数の会社に見積もりと構成案のお願いをして、客観的な比較をしましょう。じっくりとそれぞれの会社の特徴を把握した上で、長く付き合える業者を見つけたいものです。

イラスト制作のことならオリラボに何でもお任せください!
あらゆるタッチに対応可能ですので、ご希望通りのテイストでハイクオリティなイラストを短納期で制作いたします。
ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

関連記事