マガジン

動画編集サービス選びのポイントは?東京都のおすすめ業者を紹介!

企業が自社ブランドや商品をアピールするのに、視覚効果の高い動画を用いることはとても効果的な方法です。また、個人であっても、大事な思い出が詰まった動画を編集して残したい、結婚式などのイベントで流したりするためにきれいな動画を作りたい、と思うことがあります。撮影用の器材にしても編集用ソフトにしても、ツールが発達していますので、自分でもできないわけではありません。

しかし、やはりプロに作ってもらうのとは違います。そこで、動画編集を業者に依頼することのメリットや、どんな基準で業者を選んだら良いのかを見ていきましょう。こうした点をチェックした上で、おすすめ業者の特徴を確認して、自分たちに合ったプロに依頼することができます。

目次
  1. 動画編集を業者に依頼するメリットとは?
  2. 動画編集業者に依頼する際の注意点とは?
  3. 動画制作・編集サービスの内容
  4. 動画編集業者の選び方のポイント
  5. いくつかの業者に見積もり依頼をすべき理由と比較方法
  6. 動画編集を依頼する前にすべきこと
  7. 東京都でおすすめの動画編集業者
  8. 慎重に業者を比較して満足の行く動画を作ろう

動画編集を業者に依頼するメリットとは?

パソコンソフトでも、スマホアプリでも、簡単に動画を編集してオリジナルの作品を作れる時代になっています。それでも、販促用などに使いたい動画については、プロに依頼することが多いです。そこには内製では得られないメリットがいくつもあるからです。具体的にどんな優れた点があるのかを把握して、依頼する際の検討材料としてください。

作業時間と手間を省ける

自分たちで動画を編集しようとすると、非常に手間がかかりますし、相当な時間が取られてしまいます。慣れていないことでもあり、汎用ツールを使うため、ちょっとした調整をするのにも処理に時間がかかってしまうからです。こんな動画に仕上げたいというイメージはあるものの、一度の作業で思うように編集できずに、作業を繰り返すこともあるでしょう。そこで社内のスタッフの手が取られてしまって、本来業務に集中できなくなる恐れがあります。

業者に依頼することによって、こうした問題を解消できます。見積もりや企画の打ち合わせのために時間を取る必要がありますし、チェックをする手間などもかかります。しかし、自分たちで作るのと比べて圧倒的に時間がかかりませんし、優れた動画を楽に手に入れられます。その分、部署としてすべき業務に専念することができて、業務の効率が上がるのです。特に、定期的に動画編集の必要があったり、たくさんの作品を作らないといけなかったりする時には、そのメリットを強く感じられるはずです。

制作コストが下がることも

業者に依頼すると当然、費用がかかります。これがネックとなって、依頼をためらう気持ちが出てくるかもしれません。しかし、場合によっては、自分たちで制作するよりもコストが低くなることもあります。

それなりに高い画質の映像を撮るためには、撮影機器や編集ソフトなどが必要になり、購入費用がかなりかかります。また、慣れていないと作業時間が長くなりますので、その分の人件費も見込まないといけません。その点、業者に編集を依頼すれば制作費だけで済みますので、トータルで考えると費用が抑えられるわけです。

質の高い動画に仕上げられるので、費用対効果が上がるというのも、コスト面では重要なポイントです。マーケティング用の動画などは、その出来によって商品の売り上げが大きく変わることも珍しくありません。自分たちで費用をかけずに作れても、効果があまりなく、売り上げに貢献しないのでは意味がありません。一方で、多少のコストがかかっても売り上げ増に貢献してくれれば、結果的に安い依頼料となります。

新たな視点での動画を作れる

業者に依頼することで、自分たちのアイディアやセンスでは生まれない動画のイメージや構成となることが多いです。やはり、プロは豊富な映像の見せ方の引き出しを持っていますので、同じ素材でも魅力的に編集してくれます。目的やターゲットに合わせて、同じ商品の動画でも違う切り口で編集をしてくれることもあります。自分たちではできない新たな視点での制作で、魅力的な動画となるのがメリットです。

こうしたことから、ある程度編集の技術があり、今までもいくつかの映像を仕上げてきた経験があるとしても、雰囲気や質の違う動画を作るために、業者に頼るのはとても良い方法です。特に、構成がどうしても決まりきったものになってしまうという悩みを抱えているのであれば、そのメリットは大きく感じられるはずです。

質の高い作品ができる

基本的なこととして、プロが編集すると、同じような作りでも、より心に訴えるものとなります。ちょっとしたカットの取り方や字幕の入れ方、構成の順序などを工夫することで、強い訴求効果を生み出せるからです。ショートムービーでもこうした効果は見られ、必要な要素はすべて含めつつも、テンポよく飽きさせないリズムで進んでいく動画を作ってくれます。プロならではのアイディアや技術を巧みに使った、満足度の高い作品を期待できるのがメリットです。

動画編集業者に依頼する際の注意点とは?

メリットの多いプロの手による動画編集ですが、業者選びについてはじっくりと検討する必要があります。単にプロに依頼すれば安心ということではなく、どこに頼むかということが大事なわけです。その点で、動画編集を業者に依頼する場合の注意点をいくつか覚えておきましょう。

業者によって価格が大きく違うことも

動画編集は業者によって、同じ素材で同じ仕上がりの時間であっても、かなり料金に違いが出ます。動画編集は、それぞれの業者の技術やセンス、知名度によって、独自の価格設定をしている業界です。そのため、格安で制作してくれるところもあれば、数倍もの価格を提示するところもあります。

これは高いところが悪徳業者であるとか、格安だと心配という意味ではありません。料金に応じた質やサービスの違いがあるということです。大企業のCMなどを手がけ、高価な機器を駆使し、多彩なアイディアで映像編集をしてくれるところであれば、どうしても費用は高くなります。それだけ仕上がってくる動画のレベルは高いので、効果も期待できます。格安のところは、そうした映像の質まで行かないですが、気軽にたくさんの作品を依頼できるという良さがあります。それぞれのニーズと予算に合った価格帯の業者を選ぶことが重要なのです。

業者ごとの質のバラツキが出てくるリスク

価格との関連もありますが、業者ごとに編集技術やセンスの違いがありますので、どうしても質にバラツキがあります。今まで頼んでいた業者から変えた途端、全く違うテイストの動画になってしまうこともあり得るわけです。使用しているツールや機材のレベルも違いますので、挿入できる効果や対応できるメディアについての差も出てきます。

業者によって得意とする映像のジャンル、価格帯が大きく違いますので、それにより質の高低も出てくることを意識しましょう。とにかく制作費用を浮かせたいから、どこの業者でも良いと考えずに決めてしまうと、自分たちの思うような動画を手に入れられない可能性が高くなります。

求める内容と違う仕上がりになるリスク

こんな雰囲気や構成にしてほしいと伝えても、仕上がった作品を見てみると、考えていたのと随分違うということもあり得ます。イメージは感覚的なものでもありますので、それを明確に伝えて依頼するのは簡単ではないからです。業者によっては、あまり打ち合わせに時間を取らず、依頼主の要望を聞き取りきれないケースもあります。それだけに、事前の打ち合わせに時間をかけてくれる業者を選ぶことは大事ですし、自分たちとしても、明確に希望を伝える努力をしなければなりません。

仮の完成品をチェックしたり、編集過程で簡単な確認をしたりできるかどうかも見る必要があります。チェックの後に修正依頼を出して、何回も対応してくれるところもあれば、修正対応回数が制限されている業者もあります。求める内容と違うという事態にならないためにも、打ち合わせとともに、仕上がりチェックと修正対応が可能かどうかを事前に把握しておくことは必須です。

コンプライアンス上の問題

基本的には提供した素材を使って動画を編集してもらいますが、それに音楽やエフェクト、字幕などを付けることも多いはずです。こうした挿入する素材について、著作権をしっかりと順守しているかを確認する必要があります。また、使用する表現や映像の出し方について倫理上のルールを守っているかということも見るべきです。

それは、ちょっとした点でコンプライアンス上の問題が生じることがあるからです。そして、映像はSNSで簡単に拡散される時代となっています。何か問題のある映像を流してしまうと、企業にとって大きなダメージとなり得るため、著作権を始めとしたコンプライアンス順守を意識して、二重にも三重にもチェックをしている業者かどうかを見ないといけません。

動画制作・編集サービスの内容

実際に業者に依頼する際に、どんな流れで進んでいくのか、動画制作や編集を行っている業者はどんなサービスを提供しているのかを知っておきましょう。こうした流れを知っておくとスムーズに依頼ができますし、自分たちが何をどの時点ですべきなのかを確認できるからです。いくつかの工程では依頼主の立ち合いが求められるところもありますので、予定を組んでおく必要があります。

動画の企画

業者を決めたら、専属の担当者がどんな動画にしたいのかをヒアリングします。素材となる映像や音声などを共有して、方向性を確認していきます。その上で、仕上がる動画のイメージや時間、挿入したい効果の内容などを決めていきます。自分たちで希望を明確にしているのであれば、要望を伝えることで、スムーズに話し合いが進んでいきます。

しかし、漠然としたイメージしかないこともあるでしょう。そんな時は、業者が動画の目的と素材となる映像の内容から、こんな雰囲気で仕上げたら魅力的になると提案をしてくれるはずです。自分たちなりの考えがあるとしても、やはりプロにアイディアを出してもらった方がより引き付ける動画となる可能性が高いので、お互いにアイディアを出して企画をしていくのがベストです。

シナリオやコンテの作成

必要に応じて、シナリオを作成します。特に、動画制作を一からする場合や、すでにある映像素材を使って大きな加工やストーリー付けをしたい場合には、シナリオ作りが大きな仕事となります。この内容によって、作品の出来が全く違ってくるからです。クライアントとしては、ある程度こんな設定でシナリオを作ってほしいと伝え、業者がそれをふくらませたり細かな設定をしたりして、最終的に動画として完成させることになります。

シナリオに合わせて、絵コンテも作っていきます。これは、動画のそれぞれのカットを絵で描いていく作業です。コンテがあることで、編集前にどんな流れで作品の内容が進んでいくかがわかり、スムーズに作業ができます。また、依頼主もコンテをチェックすることで、途中で修正を入れてほしいポイントなどを見つけて指摘できます。シンプルな編集であればコンテが不要なことも多いですが、複雑なカット割りがなされる時や、ストーリー性重視の動画に仕上げる時には作られることもあります。

キャスティングやロケ場所の選定・交渉

シンプルな動画編集の場合はほとんどありませんが、映像を加えるケースや映像制作から依頼する場合などは、キャスティングやロケ場所の選定をします。動画の内容に合ったキャスティングをするのは素人では難しく、出演者リストを持ち、出演交渉ができる業者に頼むしかありません。出演者は性別や年齢、求める内容などによってリスト化されていますので、そこからある程度希望を絞ることもできます。

屋外での撮影が出てくる場合には、その場所の撮影許可を取らないといけません。公共の場であれば役所や警察などに許可を求めます。こうした手続きも業者側で行ってくれますので、スムーズに作業を進めて、トラブルなく動画を完成させるために大きな助けとなります。こうした選定作業ではクライアントの意向が大きく関係しますので、話し合いをしながら進めていきます。

動画の撮影

提供する映像素材にいくつかのシーンや効果を加えるために、動画を撮影する必要が生じることがあります。映像制作の段階から依頼するのであれば、すべての部分を撮影してもらうことになります。スタジオの手配をしたり、必要な機材を揃えたりした上で、リハーサルを行います。予定通りに撮影作業ができそうなら、そのまま本番に入り、撮影を行います。大がかりなものでない限り、業者で撮影作業を完了させることが多いです。ただし、本格的なCM用の動画編集を依頼している場合などは、クライアント立ち合いで実施されることもあります。

編集作業

動画編集では、映像と音声をつないだり、エフェクトや字幕を入れたりする作業がメインとなります。ほとんどの作業はパソコンで行うことができるため、映像撮影には携わらず編集だけを請け負っている業者は、一般的な企業のオフィスと似た環境で作業をすることも多いです。専用のソフトを使い、コンマ秒単位で映像カットを組み合わせたりつないだりして、決められた時間でテンポよく内容を伝えられるようにします。また、BGMや効果音などを入れて、動画にアクセントを付ける作業も行われていきます。

こうした編集によってかなり仕上がりの雰囲気が変わってくるので、業者のセンスや技術が問われるところです。実際の作業はすべて業者任せとなりますが、事前の打ち合わせでしっかりとして提案をしてもらうことで、自分たちのイメージに近いものに仕上がります。

作品のチェック

編集作業が終わった動画は通常、仮納品という形でチェックに回されます。当然、業者の中でもチェックがなされますが、依頼主に見てもらい、要望通りになっているか、問題点などがないかを確認するためです。業者によってこうしたチェックと修正のプロセスには違いがあり、単なる確認で終わってしまうこともあれば、何回も修正を繰り返せるところもあります。質の高い動画にするためには細部までこだわることも大事ですので、しっかりとチェックして修正依頼をすることが大事です。

こうした修正は、それぞれの業者で何回まで可能と限度を設けているケースが多いです。もしくは、回数に応じて追加料金がかかるケースもあります。見積もりを出す時には、こうした修正についてかかる追加費用についても確認した方が安心です。また、どの程度まで修正対応できるかも業者による違いがあります。どの場合でも、仮納品になってから大きな修正を繰り返すと面倒ですので、最初の段階で打ち合わせを綿密に行い、制作意図を明確に伝えておくことが重要です。

動画編集業者の選び方のポイント

動画編集を行っている業者はたくさん存在していて、特に東京都にはニーズが高いということもあって、どの業者にしようか迷ってしまうほどです。ネットで探すにしても、知り合いから紹介してもらうにしても、自分たちの求める動画のタイプに合った編集をしてくれるか、最終選定は真剣に行う必要があります。その際に、どんな基準で業者を比較して選んだらよいのか、いくつかのポイントをチェックしましょう。

得意とする動画のジャンル

それぞれの編集会社で得意とする動画のジャンルが異なります。アニメを専門としているところもありますし、風景やイメージ動画をメインとしている業者もあります。さらには、ウェブCMをメインに営業をしているケースも見られますし、個人向けのサービスを展開しているところもあります。もちろん、基本的な動画編集技術は大きく変わりませんが、得意とするものによって、仕上がりのイメージや構成が変わってくるものです。

単にこちらが提供する動画素材を編集してまとめてくれるだけの会社もあれば、アニメーションや映像をプラスして、ドキュメンタリー風に作り上げてくれる業者もあります。どこまで対応してくれるのかも、動画の仕上がりに大きく影響してきます。必要とする動画の内容と目的、そして作品のイメージを総合的に考えて、自分たちが思い描いている仕上がりを実現してくれるところかを判断しましょう。そのため、まずは自分たちがどんな動画にしたいのかを考えて、そのイメージに合った映像を得意とするところを見つけましょう。

制作・編集実績

今までのどんな動画を編集・制作してきた過去を持っているのか、どんなクライアントから依頼を受けてきたのかをリサーチします。やはり、大きなプロジェクトに携わっていたり、大きな企業からの依頼実績があったりすると安心できますし、高い質の動画編集を期待できます。こうした業者は一般的にクライアントとの交渉を大事にして、制作意図を把握した上で編集をしてくれる傾向が強いです。また、制作スタッフの技術とセンスが優れているため、魅力的な作品となります。使っている機器もレベルの高いものが多いので、映像や加工技術が素晴らしいものに仕上がります。

実績を確認するに当たっては、どのくらいの歴史を持っているかを見ることもポイントです。長い期間制作・編集業務に携わってきた会社は、それだけのノウハウを蓄積していますので、提案力にも優れています。こちらの要望に対して、いくつもの選択肢を提示できたり、プロならではのセンス豊かなアイディアを提案してくれたりするわけです。作業そのもののノウハウも豊富で、効率よく進めていくことができます。それだけ納期遅れの心配がなくなりますし、打ち合わせなどもスムーズに行えるのです。

料金体系と実際の見積もり

動画制作・編集は業者による料金の違いが大きいため、しっかりと料金体系を確認すべきです。たいていは、ある程度の編集作業内容と動画の仕上がりの分数などによって、料金表が作られています。これに、修正対応や挿入したい効果などに応じた追加料金がかかることになります。明確な料金表が設けられているところでも、実際に依頼をしてみると、要望を重ねていくうちに、最終的な料金が高くなってしまうことはよくあります。こうした追加料金については事前に確認しておくべきです。

見積もりは、動画の概要を決めた段階で出してもらいます。依頼を出すに当たっては、ある程度の予算が決まっているはずですので、その範囲内でどこまでできるのかを試算してもらうのも良いでしょう。やはりお金をかければ質の高い動画となることが多いので、事前にいくらまで出せるのかということは明確にしておくべきです。その上で、予算に見合った動画ができるかを確認します。可能ならば、動画の仕上がりに応じていくつかの料金パターンを出してもらい、その中から選ぶというのも一つの方法です。

話し合いがスムーズにできる

動画編集では、自分たちの要望を言葉で簡単に伝えられないこともあって、担当者とのやり取りが成功を分けるポイントとなります。それだけに、担当者の対応力が高いかどうか、相性が合うかどうかはとても大事な要素です。大きめのプロジェクトになると何回も打ち合わせを重ねますし、その内容も複雑になります。イメージを共有するためには、それぞれの意見や考えを率直に言い合う必要が出てきます。そのため、共に良いものを作ろうという気持ちになれる担当者だと、おのずと出来上がる動画も質が高くなります。

また、素早い対応を取ってくれるかも重視しましょう。連絡が取りやすく、依頼したことにできるだけ早く対応して回答を出してくれると、全体の流れがスムーズに進みます。同時に、単にこちらの言うことを聞くだけでなく、積極的にアドバイスをしてくれて、やる気を感じられるかというのも大事な点です。

選択肢のある提案

動画を編集するに当たって、こうしてほしいと細かい点までをすべて依頼主で指定して、業者があとは作業をするだけ、というケースはあまりありません。やはり素人ですので、動画の構成やどんな効果を付けるかというのは、ある程度の構想はあるものの、具体的な手法はプロに任せるものです。業者が前向きに、より良い動画にするための提案をしてくれるか、チェックしましょう。いくつもの案を出してくれて、選択肢を提示してくれるのも大事な点です。そうすれば、比較対照するアイディアがあって検討しやすいからです。

たくさんの提案をしてくれるだけでなく、そのアイディアが自分たちの考えにマッチするかどうかも見ます。いくらたくさんの提案をしてくれても、どうもピンと来るものがないということでは意味がありません。

こうした要素を見るためにも、見積もりを依頼するのと同時に、簡易的で構わないので、構成アイディアを出してもらうように頼みます。こちらからある程度の方向性やイメージを伝えて、どのように膨らませてくれるのかを見るためです。その際に、業者がどのくらいしっかりとこちらの要望を聞き取ってくれて、それを反映しているかを判断するのにも役立ちます。

納品までの期間

動画の制作や編集は様々なプロセスを踏むため、納期が分かりづらいところがあります。そのため、最初からそれぞれの工程がどのくらいの期間で進んでいき、最終的に納期がいつになるかを示してくれるかをチェックします。もちろん、予測不能な出来事によってスケジュールが延びて、納期が遅れることもありますが、少なくともこうした明確なスケジュールがあると、安心感を持てます。

作業ステップの最中に、クライアントとして立ち会ったりチェックをしたりする必要があれば、それがいつになるのかを示してくれると助かります。担当者が予定調整をしやすくなり、社内で必要な準備を事前にまとめられるからです。このように、予定をしっかりと立て教えてくれる会社であれば、組織力があって、誠実に仕事を進めてくれるところだという証拠にもなりますので、高評価を付ける材料となります。

対応可能な媒体

一口に動画の編集と言っても、様々な種類があります。テレビCMに使うものなのか、Webコンテンツとして流すものなのか、社内資料として利用するものなのか、という具合です。こうした媒体や再生する場所、デバイスの違いによって、動画の仕上げ方が異なります。多くの業者は幅広い媒体に対応していますが、それでも提供できる画像サイズや画質、ファイル形式などに条件を設けていることが多いです。

自分たちがどんな媒体で動画を流すのかを明確にして、その媒体で使える規格を調べておくことは大事です。その上で、必要とする画像タイプや媒体に対応した動画を作ってくれるのかを確認すべきです。

場合によっては、社内資料として使うと共に、自社サイトなどでも公開したいと考えることもあるでしょう。こうした場合、同じ動画を異なる形式で仕上げてもらうことになります。もしかすると、同じ動画のロングバージョンとショートバージョンに作り分ける必要が出てくる可能性もあります。このような複数の動画タイプへの変換や作り分けに対応してくれるかどうかを事前に調べておけば、より業者の絞り込みがしやすくなります。

マーケティング力があるかどうか

動画をどのように使うのか、どんなメディアに載せてアピールしたら効果が出やすいのかをサポートしてくれる業者だと、より良い結果を出せます。単に動画を編集して完成品を引き渡して終わりではなく、その動画を最大限生かせる方法を教えてくれるマーケティング力のある会社かどうかを見るのです。

動画を編集するに当たっては、その制作意図を伝えます。当然、動画自体はその目的に適ったものになるよう作ってくれます。一歩進んで、どのメディアにアップするとターゲット層が合うとか、過去の事例で成功したイベントでの利用法などを教えてくれると、大きな助けとなります。

このように、必要な作業を済ませるだけではなく、クライアントのために積極的にサービスを提供したいという気持ちを持っているかは大事です。特に動画編集業者の場合、それがマーケティング力を持ち、動画の活用法についてのサポートをしてくれるかという点に現れるわけです。

いくつかの業者に見積もり依頼をすべき理由と比較方法

業者に動画編集をお願いすることにしたら、いくつかの会社の候補を挙げましょう。そのリストの中から最終的に一つに絞り込むことになるのですが、そのためには事前に見積もりを出してもらうのがベストです。この際、単純に金額の比較をするだけでなく、今まで考えてきた業者の選び方のポイントを踏まえて検討することが大事です。見積もり比較によって分かることと、どのように見積もりを出すかをチェックしましょう。

業者による構成の違い

見積もりを出す際には、事前に動画のタイプや長さ、活用するシーンなどの打ち合わせをします。それを基にある程度の構成案を出してくれて、そのプランに応じた見積もり金額が提示されるはずです。この構成案をしっかりと見て、他の会社との比較をすることが大事です。同じ映像素材を使って、同じような方向性で依頼しても、それぞれの業者で提案内容がかなり違うことも珍しくないからです。

それぞれの会社で得意とする動画の見せ方を持っていますので、全体の雰囲気やカットの入れ方、字幕や効果の使い方などに違いが出てきます。ある程度質の優れた業者を選定しているはずですので、優劣が出るというよりも、業者ごとのセンスやアイディアの違いを見るための比較をすることができます。より自分たちの好みや考えに合った構成を出してくれるところを選ぶのに役立ちます。

価格の違いが大きいこともある

動画編集の料金はある程度の相場はありますが、かなり会社ごとに料金設定が違います。複数の会社に相見積もりを出すと、その差に驚くこともあるでしょう。もちろん、自分たちであらかじめ決めた予算の範囲内に収まるかを第一に考えることが必要です。その上で、よりコスパの良い外注ができるところを探します。ここでの注意点は、価格が高ければ自動的に質が良くなるわけではないということです。あくまでも一緒に出してもらう構成案など、他の要素とのバランスを見ることが重要です。

また、見積もりの中にどこまで含まれているかを確認することも求められます。たとえば、映像を編集して終わりなのか、後のマーケティングやSNSへの投稿を含めたサポートをしてくれるか、といった点が含まれているでしょう。仮納品の際のチェックで修正をお願いしたい場合、何回まで修正対応をしてくれるかも見ます。修正対応が別途料金だと見積もり外の出費が出てくる可能性もありますので、その場合の追加費用がいくらになるかも調べておくと安心です。

担当者の態度を確認できる

複数の会社に見積もりを依頼すると、その対応にも違いが出てきますので、業者選びの参考になります。すぐに動画構成案や金額についての計算をしてくれて、短期間で見積もりを提出してくれるところもあれば、時間がかかる会社もあります。こうした点から、作業をスピーディーに進めてくれるところなのか、納期をしっかりと守ってくれそうかなどを判断することもできます。動画は定期的に依頼することも多いため、編集会社とは長い付き合いになる可能性も高いです。安心して大事なコンテンツ制作を任せられるような信頼が置ける業者、フィーリングの合う担当者を見つけることも大事なポイントとなります。

見積もりの内容の丁寧さも判断基準にできます。料金の計算が「一式」となっていて、詳細が全く記されておらず、あいまいな計算となっているところだと、料金体系がわかりづらいです。一方で、細かくどのサービスにいくらかかるのか、明細をはっきりと記載してくれれば、安心して予算を組めます。もともと動画編集の料金は素人にはわかりづらいところがありますので、少しでも明瞭な形で提示してくれると、追加料金が生じる際にもトラブルにならずに済みます。

こうしたことを判断するためにも、担当者の応対の仕方や態度も大事です。動画編集の打ち合わせは密にしていかないと、こちらのイメージがよく伝わらず、考えていた内容にならない恐れが出てきます。じっくりとヒアリングをしてくれるかどうか、聞き取った内容を構成案に十分盛り込んでくれているか、イメージしていた雰囲気で動画が出来上がりそうかといった点をチェックしていきます。実際の制作をする人と営業担当が違うこともありますが、直接打ち合わせを行う担当者の応対は作品の出来に大きく関係するものですので、見積もりの際によく確認しましょう。

大まかな企画を提出してもらう

業者ごとの違いを比較するためには、見積もり依頼をする時には単に金額だけを提示してもらうのではなく、企画案を併せて作ってもらうことが大事です。動画の規模にもよりますが、全体の流れや強調したいデザインイメージ、BGMといったプランを企画してもらい、概要を確認します。実際に作業に入ったら、どんなプロセスで進められるのか、納期はいつくらいになるのかといった点も、あらかじめ示してもらえるように依頼すると良いです。

もし、制作後のマーケティングなども行える業者であれば、大まかな内容で構わないので、どのような形で動画を活用できるかの選択肢を考えてもらうこともできます。

こうした大まかな企画を出してもらうことで、業者の本気度と熱意が分かります。しっかりと細部まで作り込んでプランを出してくれるか、それとも定型のフォームで決まりきった企画しか出してくれないか、違いを見ましょう。

同時に、動画を作り活用するまでの流れがわかりますので、それぞれの業者のプランを見ながら、自分たちですべきことをチェックしていくのにも役立ちます。事前にすべきことを洗い出して、スムーズに動画を完成できるように予定を組むことが可能になるでしょう。各社の企画の魅力度と共に、こうしたスケジューリングの中身も見て参考にしていくことで、見積もり作業を意味のあるものにできます。

基本と追加プランを含めた見積もりを依頼

金額を正確に見積もってもらうために、基本となる動画編集の分に加え、何らかの追加サービスについての費用も出してもらうようにします。というのも、会社によって動画のファイル形式や画質の選択肢、制作後のマーケティングサポートなどによって、追加料金がかかることがあるからです。

また、同じ動画のメディアごとのバージョンを変えた映像の作成をする場合にも、基本料金に追加されます。特定の効果や構成の仕方は特殊な技術やツールを使う必要があり、それを入れたい場合にも、費用が追加されるケースがあります。後から見積もりよりも実際の編集費用が高くついてしまうことがないよう、前もって正確に計算しておいてください。

制作意図を踏まえて発展させているかを確認

誰に主に見てもらいたいのか、動画が販促用なのか研修用なのかなどによって、作り方が大きく変わります。こうした違いは動画の質や構成に影響を与え、最終的な費用の差にもつながっていきます。

見積もりを出してもらう時には、必ずこの対象とする視聴者と動画の目的を理解してもらいましょう。逆に言うと、見積もりを受ける時に、業者の方からこうした点についてヒアリングをあまりしてこないのであれば、自分たちの求める動画に仕上がるかどうかという点で疑問符が付いてしまうことになります。見積もりと構成案を提出してもらったら、自分たちが述べた点をきちんと反映してくれているかと共に、プロらしくそれをさらに発展させた案を作れるかを見ましょう。

魅力的なアイディアを提案しているか

同じ動画素材を使っても、斬新で目を引くようなアイディアを使った構成にできるのがプロです。それぞれのクリエーターで、センスや好んで使うイメージが違いますので、構成案を確認して、そのアイディアが自分たちにとって魅力的に映るかどうかが大事な判断材料となります。ターゲット目線でどんな印象を持つかを分析して、より訴求効果の高いアイディアとなっているのかを比較してみることも大事です。

予算内で収まるか

基本的なことですが、自分たちで設定した予算の枠内で収まるかを見ます。構成の提案はとても魅力的で素晴らしくても、価格面で折り合いが付かないのであれば、選定することはできません。ただし、価格交渉をして、予算内まで値引きをしてくれないかを試してみることはできます。

これから定期的に発注をするとか、同時に何本も依頼するといった場合には、価格交渉がしやすいものです。どちらにしても、複数の会社で相見積もりを出してもらっていますので、他社の価格を参考にしながら値引きしてもらえないか、打診するのは理に適っています。ただし、値引きをする分、質を下げるとなると意味がありませんので、同じ条件で仕上げるという点は譲らず、価格交渉をする必要があります。

動画編集を依頼する前にすべきこと

より満足度の高い動画を作るためにも、良い業者を選ぶことと同時に、自分たちでも準備をしておくことが大事です。その目的は、スムーズに業者との打ち合わせをして、目指す動画のイメージや目的をしっかりと理解してもらうことです。編集会社としても、プロとしてのアイディアは豊富に持っていますが、クライアントが何の要望も持っていないとなると、戸惑ってしまうものです。前もって、ヒアリングの際に確認される点を明確にしておいてください。

ターゲットを決める

誰にその動画を見せたいのかを決めておきます。商品やブランドのプロモーション動画であれば、購買層そのものがターゲットであるはずです。幅広い世代に向けて販促をしたい場合でも、ある程度年齢層や性別などを決めておくことで、より焦点の合った動画にすることができます。その上で、いくつかのバージョンを作って、異なる場面で見せることですべての層にアピールできます。

これは個人が動画編集をする場合でも一緒です。ブライダル動画を作るのであれば、新郎新婦に見てもらうことをメインにするのか、ゲスト向けにするのかなどで、構成が変わってきます。思い出の動画をまとめたいのであれば、それをプレゼントしたい相手を明確にしておくことで、強調したいポイントが変わってきます。

訴求ポイントを明確にする

同じプロモーション用動画でも、商品を売ることが目的なのか、知名度を上げることなのか、印象アップを図るためなのかを明確にしておきます。これによって、商品の訴求ポイントが変わってくるからです。また、サービスを紹介するものでも、顧客へのアピールなのか、社内や取引先向けの資料動画として使うのかによっても、編集の仕方がだいぶ違うものです。その動画を使って何をしたいのかを決めておくことは、動画の方向性を示すために欠かせないポイントとなります。

予算を決める

動画編集はお金と時間をかければ、さらに良い作品に仕上げられるものです。そのため、予算をあらかじめ決めて、その枠に収まるように作らないといけません。業者から、こんな効果を入れることもできる、こんな構成にすることもできると魅力的なプランを言われると、どんどんプラスしたくなるものです。しかし、それには費用が上乗せされますので、際限がなくなります。しっかりと予算を決めることで、できることも自然と決まってきますので、打ち合わせもスムーズに進みます。

ある程度の仕上がりのイメージを作る

細かな作りはプロに任せるとしても、全体的な仕上がりのイメージは決めておきましょう。ドキュメンタリー風にしたいのか、インパクトのある映画予告編のようなスタイルにしたいのかといった感じで、わかりやすいイメージを持っておくと良いです。特に強調したい映像のワンシーンがあるようなら、そこをメインにしてほしいと伝えることも大事です。動画の中で重視したい要素をいくつかピックアップして、それを箇条書きにしておくと、業者も構成を作りやすくなります。後は、制作意図やターゲットを意識して、クライアントの希望を汲んでプロが仕上げをしてくれます。

可能ならサンプルとなる動画を選ぶ

どんな動画にしたいのか、参考となる映像があるなら、それを持参するのも良い方法です。イメージはこのサンプルのようにしてほしいと伝えれば、すぐに要点を理解できるからです。どうしても、動画編集の仕上がりイメージというのは言葉で説明しづらいものです。自分で思い描いている雰囲気と、担当者が考える仕上がり像が異なることもあります。手本となるサンプル動画があり、その動画のどんなところを参考にしてほしいという情報を共有できれば、こうした行き違いも起こりません。

それぞれの業者でアピールのために、自社で制作した動画をホームページなどにアップしているケースもあります。もし現時点で自分たちがサンプルとなる動画を持っていないのであれば、業者のサンプルをチェックして、似たものを参考にするという手もあります。

東京都でおすすめの動画編集業者

動画制作や編集を行っている会社は多くあり、それぞれに異なるセールスポイントを持っています。その中でも、東京都で高い実績を持ち、質の点でも、価格の点でも、魅力的なサービスを展開している業者を紹介します。

株式会社 Global Japan Corporation

東京都千代田区に本社を持つ企業で、特にビジネスユースの動画編集に強いのが特徴です。単に映像を制作したり編集したりするだけでなく、ブランドのマーケティングの中でどのように活用していくかを提案するなど、総合的なアプローチでサポートを行っていく力を持っています。そのため、これから動画を用いたマーケティング戦略を始めたいと考えている企業に対して、優れたアドバイスを与えられるのが強みです。

ハイエンドの撮影機材や編集機器を用意していて、クオリティの高い作品を仕上げることができます。予算が限られているケースでは、豊富な経験を持つプロのアイディアと技術を生かして、高価な機材を使ったかのような効果的な動画の仕上げを目指します。コスパに優れた動画編集ができますし、料金によってどんな仕上がりになるのかを事前に確認できるのがメリットです。修正対応は基本料金に含まれていますし、満足が行くまで無料で対応を続けるというのも、同社ならではのサービスと言えます。

効率的な作業プロセスを確立していますし、営業から制作陣、マーケティング担当まで、全てのスタッフが連携を取って納品までサポートします。そのため、スピーディーに打ち合わせと作業を進められるのが強みで、短期間での納品を可能としています。ホームページには多数の事例動画が掲載されています。サンプルとして参考にできる動画があり、どんな作品に仕上げたいかを決める上でも役に立ちますし、ヒアリングの際に気になる動画を示すことで、希望を簡単に伝えられます。

公式ページ

株式会社 フラッグシップオーケストラ

東京都品川区に本拠を置く企業で、格安での動画制作・編集サービスを行っていることで評判です。いくつかの動画関連事業を行っていますが、同社が提供する「ムビラボ」は標準的な動画制作が2万円からとリーズナブルな価格設定となっていて、個人でも利用しやすいのがメリットです。企画と撮影も含まれていますし、アニメーションを入れることもできるなど、バリエーション豊かなサービスを行っています。しかも、修正対応を何度でもできるとしていて、満足の行く動画作りをするのに最適です。

同社はオンラインマーケティングにも強く、自社事業としてECサイト運営もしています。そのノウハウを生かして、動画をどのようにSNSやサイト上で活かせるかといった支援もしています。動画の形式もSNS向けにするなどの融通が利きやすく、様々な形での利用が可能です。新たに動画を使ったオンラインマーケティングを試してみたいといった場合、動画そのものの制作だけでなく、戦略立案の段階からアドバイスをもらえるのがメリットです。

公式ページ

株式会社 CACTAS

個人から大企業まで幅広い顧客を持ち、豊富な制作実績を持つ会社です。Web動画に特化した事業をしていて、SNSや動画投稿サイト、サイトコンテンツなどに適した動画の編集のプロです。企業PRや商品ブランディング、資料用映像など、それぞれの目的に応じてテイストの異なる動画に仕上げられるプロデュース力を持っています。年間300本を超える納品実績を持っていて、その豊富なノウハウが魅力的な動画作りにつながっています。

たくさんのクリエーターを抱えていていることや、AIツールを使った動画編集などをしているため、効率的な作業が可能で、納期が短いのが特徴です。また、無駄なコストをかけず、リーズナブルな価格での納品を実現しています。コンテンツを作るだけでなく、それを活用するためのアドバイス提供や、実際のコンテンツ運用までを扱ってくれます。この分野における経験のないクライアントが、コンサルタントを含めて動画編集を依頼したいという時に、うってつけの業者と言えるでしょう。

誠実な顧客対応をすることも重視しています。時間を取って専属の担当者がヒアリングを繰り返し、ターゲットや動画のイメージなどを共有します。その上で、クリエーターとの打ち合わせを綿密に行い、確実にクライアントの意向が作品の中に反映されるようにしていきます。動画を使ったプロモーションなどが成功するように、最終的な目標達成までしっかりと寄り添ってケアをしていくのもポイントです。

公式ページ

株式会社 LOCUS

東京都渋谷区に本拠を置く企業で、年間1,500本を超える制作実績を持っています。実に700名超のクリエーターを抱えていて、あらゆるジャンルにわたる技術やノウハウを駆使して、クライアントの要望に適った作品を提供できるのが強みです。最新技術の導入にも積極的で、VRや360度フル動画などにも対応することができます。人目を引く斬新な作りの動画をアップして話題を集めたいといった願いも叶えられます。社内資料用の映像からオンラインコンテンツ、テレビCMといった用途の動画も手掛けていて、あらゆる制作意図に応じた制作・編集が可能です。

動画の制作と編集だけでなく、コンテンツをどのように活用していくかをアドバイスするコンサルティングも実施しています。企業や個人が新たに動画投稿サイトのチャンネルを立ち上げたいとか、SNSで動画を軸とした発信をしていきたいといった時に、その戦略や具体的な企画を立てる段階からサポートできます。予算もいくつかの大まかな枠を設けていて、その範囲内でできる動画編集やコンサルティングのサービスを選べます。見積もりを出す時にも、あらかじめこのくらいの予算であると伝えれば、その枠内で最善のプランを提示できるのが特徴です。

公式ページ

ムビハピ

テレビ制作に関わってきたスタッフが、そのノウハウを生かして動画制作・編集を行う会社です。知名度の高い情報番組を始め、様々なドキュメンタリー番組を作ってきた経験があり、視聴者にとって魅力的でわかりやすい動画を提供できるのが強みです。特に、難しい内容を誰が見てもわかるように、情報を整理し、かみ砕いて提供する手法には定評があり、企業そのものや商品の魅力を発信するのに役立てられます。

企業の抱える問題に対して、担当者がしっかりと寄り添って一緒に解決していくという姿勢を大事にしています。そのため、単に見た目に美しい映像を作るということではなく、その企業や提供する商品の良さを引き出せるように、徹底したヒアリングと分析を行います。その上で、ターゲットのことを考えて、心に訴え理解を得られる見せ方を考えていきます。大企業やベンチャー企業への納入実績も豊富で、信頼性の高い会社でもありますので、安心感を求める人にもおすすめです。

テレビCMを始めとして、動画投稿サイトやSNS用の動画でもその強みを発揮できます。特に、YouTube向けの広告動画では圧倒的な動画再生率を誇り、視聴者の関心を引き付ける高度なノウハウを武器にしています。動画マーケティングに力点を置いた戦略を踏んでいきたいという企業にとって、頼もしいサポート役になってくれるはずです。

公式ページ

株式会社 ユニモト

東京都千代田区に本拠を置く動画編集・制作会社です。豊富な制作実績があり、年間1,800本以上の動画を作っています。幅広いタイプの動画サービスを展開していて、企画、撮影の段階から携わることができます。最新技術を用いた制作にも定評があり、特に360度VR映像については、350本以上の納品実績を誇っています。効率的な作業ノウハウを確立していますので、最新手法を用いた作品でも他社よりもずっと安く、短期間での提供ができるのが強みです。

シンプルな映像編集だけでも対応可能で、プレゼン用の動画を依頼することも可能です。さらに、企画書などに用いるデザイナーズ・パワーポイント制作や様々なプレゼンツールにも対応していますので、幅広いビジネスユースで活用できます。

明確な料金体系を設けていて、動画の時間や依頼したい作業の点数などによって、すぐにある程度の価格計算ができます。そのため、見積もりを出すのもスピーディーで、すぐに具体的な立案に書かれるというメリットがあります。もちろん、丁寧に専属の担当者が打ち合わせを行い、それぞれの制作意図やターゲットなどを把握して、作品に盛り込んでいきます。

公式ページ

株式会社 ヴェン.カンパニー

東京都渋谷区にある映像制作・編集業者で、格安での制作を行っているのが特徴です。「AKAPON」という自社開発の制作・編集ツールを持っていて、制作プロセスにかかる管理作業を効率化することができます。これにより、人件費を大幅にカットして、格安での動画提供が可能となっています。依頼主が映像や音声などの素材を提供する場合の編集であれば10万円以内で収められるという、わかりやすくリーズナブルな価格設定をすることができるのも、このシステムのおかげです。

こうした格安プランを軸としつつも、高度な技術を用いた様々な制作活動にも対応しています。CGやアニメーションなどを盛り込んだ映像加工も可能で、バリエーションに富んだ表現ができます。また、豊富なクリエーター、アーティストのつながりを使って、魅力的なBGMの取り込みや、プロ声優を使ったナレーションなども実現します。他社との差別化を図った、表現力に富んだプロモーション動画を作りたいという会社にぴったりです。

修正対応も2回まで無料で行えますので、大きな追加費用の心配をせずに、予算内で収めることができます。さらに、オンラインコンテンツとして使用した場合の効果測定や分析などの運営サポートもしてくれます。オンラインマーケティングに新たに取り組みたい企業などは、こうしたプロのサポートを受けてスムーズな滑り出しを実現できるはずです。

公式ページ

Crevo株式会社

東京都渋谷区に拠点を持ち、特にアニメーション動画の制作や編集を手がけています。非常に技術やアイディア力に優れているとの評価を得ていて、誰もが知る超大手企業の動画制作にも関わっています。8,000人を超えるクリエーターとのつながりがあり、最新技術を駆使した動画も、シンプルなアニメでも、あらゆるジャンルでの対応が可能です。自社で開発した動画制作管理ツールを使っていて、作業を大幅に効率化させることに成功しています。そのため、複雑な工程が絡む動画制作や編集でも、短期をかなり短くすることができますし、コストも削減できます。

大手への納品実績を持っていますが、小規模な動画制作依頼にも喜んで応じています。初めてこうしたプロモーション動画の制作を行う企業には、丁寧に企画からサポートしますし、運用についてのアドバイスを提供しています。しっかりと聞き取りを行い、商品やブランドにとって最善のPRができるように動画構成を提案しています。

公式ページ

モバーシャル株式会社

東京都渋谷区に本社機能を持つ企業で、トータルマーケティングに強い動画制作・編集サービスを提供しています。制作事業と共に、マーケティングチームや、YouTubeアカウントチームなどを持ち、動画を作るだけでなく、それを活かすための徹底したサポートができるのが強みです。

ワンストップで制作企画から運用管理まで行えますので、スムーズにコンテンツマーケティングを始められるというメリットがあります。また、ターゲットや投稿するメディア、商品の特徴などに合わせた多彩な表現手法を持っていますので、効果的な訴求ができます。アニメなどの技術も持っていて、用途に合った制作活動を行います。

公式ページ

慎重に業者を比較して満足の行く動画を作ろう

個人にしても、企業にしても、動画を作って投稿することでプロモーションをしたり、情報発信をしたりするのは、とても簡単な時代になっています。スマホや便利なツールの普及で、簡単に撮影や編集ができるからです。それでも、やはり高度な技術とセンスを持つプロに依頼すると、高品質で全然違うイメージの動画に仕上げられます。

東京には非常に多くの動画制作・編集会社があり、業者によって予算も仕上がりも異なってきます。慎重に業者の絞り込みを行うと同時に、複数の会社に見積もりや構成案の提出を依頼して、安心して任せられる会社を見つけることが大事です。満足の行く動画を手に入れるためには、業者選びがとても大事になってくるのです。

イラスト制作のことならオリラボに何でもお任せください!
あらゆるタッチに対応可能ですので、ご希望通りのテイストでハイクオリティなイラストを短納期で制作いたします。
ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

関連記事