マガジン

ホームページをデザイン会社に依頼したい!外注相場と依頼するときのポイントとは?

ホームページの外注相場はどうして大きく違うのでしょうか?ホームページによっても内容や仕様などが異なるため、相場には大きな開きがあります。ホームページ作成サイトを使って無料で制作できるものもあれば、何百万円もかかるものもあり、一体何が違うの?と思ってしまうかもしれません。

高額な製作費にはWebデザイナーやプログラマーなど人件費が含まれるのは当然のことですが、他にも目に見えないところでさまざまな工夫を凝らしていることが、金額に反映されていると言っても過言ではありません。料理に例えるならば、家で作るおにぎりと、高級店のお寿司くらい違うというイメージです。材料費、手間賃など、コストが明らかに違うことがお分かりいただけることでしょう。

5万円のホームページと100万円のホームページ!違いが出るのはどんなところ?

ホームページは作り方や内容によって作業工程が全く異なってくるので、見積もり金額も異なってきます。しかし、Web制作に必要な施策や作業内容は、一般の人にとって非常にわかりにくいものです。内容の違いがあまり理解できていなければ、見積もり金額だけを見て、安い方を発注するでしょう。後になって、ホームページの更新ができなかったり、仕様の変更ができなかったり、といったトラブルが起こってしまうことがあるのです。ホームページを作ったにも関わらず、集客に繋がらず、あまり営業効果が出なかったのでは、安い制作費で済んでも、それは無駄な出費となってしまいます。

もちろん、どんなビジネスを行っているかによって、ホームページの必要性や重要性が異なってきますので、何が最適なのかもビジネスによって異なってきます。会社の名刺代わりのようなシンプルなホームページであれば、製作費が安くても十分に効果があるケースもあります。しかし、せっかくホームページを作成するのであれば、自分たちがやろうとしているビジネスやブランディングに最適な施策をすることが重要になってくるでしょう。

なぜ料金がそんなに違うの?

料金の差が出てくる要因として、以下の違いが挙げられます。

品質による違い

ホームページの品質とは目に見えるデザインの部分ですので、素人が見てもわかりやすい部分であると言えます。いいデザインには技術料や人件費がかかることはもちろん、デザインスキルも必要となります。デザイナーが考える時間や作成する時間も長くかかってくるので、費用が当然高くなるでしょう。ボタンのデザインひとつにしても見やすく、ページを訪れたときの導線設計までされているような優れたデザインのホームページは、デザイン料や技術料がどうしても高額になるというわけです。

ページ数や内容に加え、ミスがないかのチェックでも、最終確認まで行う場合には2週間程度かかる場合もあります。デザイン構築がしっかりとされており、誤字脱字がないことはもちろんのこと、設計上のミスがないことも、品質を図る上で重要なポイントとなります。

量による違い

ページのボリュームによっても、値段は異なります。ホームページでは、トップページを含め、そこからさまざまなページに移動し、さまざまな情報を公開していくことになります。単純に情報量が多く、そのページ数が増えれば増える程、値段も高くなっていきます。

システムの仕様による違いや施策の内容による違い

制作会社によっては、マーケティング施策、SEO対策、ブランディングなども行ってくれる会社も多くあります。ホームページでの集客を希望する場合には、マーケティング調査をきちんと行う必要があります。制作費が安いものだとネット検索などで簡単に行う場合が多く、高いものだとマーケティングの設計書を作り、徹底的に行われます。どこまでを希望しているのかによって、それらの料金がそれぞれ見積もりに上乗せされていくというわけです。

集客に必要なMEO(Google Map上位表示対策)、リスティング広告、SNS広告出稿、アクセス解析などなど、聞いたことがないような言葉が見積書に項目として出てくる可能性もあります。いくら外注すると決めたからといっても、全てを丸投げするというのではなく、疑問が出たときにはきちんと質問することが大切です。その上で、必要なもの、そうでないものを取捨選択していきましょう。

制作会社に依頼するか、フリーランスや個人事業主に依頼するか

大きなオフィスを構え、社員を多く雇っているような制作会社と、一人でお仕事をしているデザイナーとでは、必要経費が大きく異なります。単純に、その経費の違いが金額の差として現れてくることもあります。

制作会社を一から自分で探し、いくつかの会社から見積もりをもらうというのは、なかなか骨が折れる作業となります。そんなときには代理店を使うのもいいでしょう。代理店は発注者からヒアリングを行い、その希望に沿った制作会社を紹介します。支払う中間マージンが高くなることもありますが、その手数料などは仕事を請け負う制作会社が負担する場合もありますので、相談時に確認しておくと良いでしょう。

金額の差が出やすいポイントを外注相場ごとに徹底解説

一般的な小規模の会社や店舗のサイト、トップページを含めて10ページ前後というホームページ制作を依頼するにしても、5万円程度から100万円前後程度まで、見積もり金額はさまざまです。PCにもスマホにも対応しており、WordPress構築でのホームページという制作事例をもとに、外注相場ごとの特徴を確認してみましょう。

外注価格が5~10万円

デザインはテンプレートベースで、オリジナルデザインと銘打っていても、クオリティは低めとなります。デザインのみ、コーディングのみなど、部分的な価格である場合もあります。デザインは比較的簡素で、ページ内容も少なめとなり、構成設計、文章、素材など、「こんな感じのホームページにしてください」と全て発注者側がある程度準備する必要があります。趣味やサークルなどのWebサイトであれば問題ありませんが、集客したい場合には不向きでしょう。

外注価格が20~30万円

一般的な制作会社でできる、最低料金のラインだと言えます。オリジナルデザインであれば平均的なレベルで、ハイクオリティなものは求めない方がいいでしょう。テンプレートなら、20ページくらいまで可能な場合もあります。一般的な会社や店舗で、予算がない場合は、この辺りからスタートするのが良いでしょう。

外注価格が40~70万円

オリジナルデザインで、デザインとコーディングのクオリティが安定しています。いわゆるプロレベルのデザインを実感できるでしょう。制作会社によっては、写真撮影やロゴ制作等のサービスが付く可能性もあります。要件をしっかりとヒアリングして、要望に基づいたサイト設計をしっかりと行ってくれるレベルと考えて良いでしょう。サイト作成後も、月額契約などでサイトの保守や運用もしてもらえることもあります。

外注価格が100万円前後

クオリティの高い制作で、規模が大きめのサイトです。アクセス解析、集客施策、SEO施策、広告出稿、ブランディングまでやってくれる場合もあります。マーケティング会社が制作を行う場合だと、準備に数ヶ月かかることもあります。

いずれの価格帯を選ぶにしても、それぞれの強みを生かした制作会社を選ぶことも大事です。発注側にも多少のWebリテラシーがないと、制作会社やマーケティング会社が何をやっているのかがわからないということになります。多少の下調べを行った上で、打ち合わせに臨みましょう。

ホームページを外注する際に注意しておきたいポイント

ホームページはリースで契約をしない

ホームページを制作込みでリース契約することになると、契約期間が5年間などの長期になる場合が多く、リース期間中は同じホームページを使い続けなくてはいけなくなってしまいます。ホームページが第一線でお客様を集めてくれる賞味期限は2~3年程度と言われており、長期間更新されていないホームページは、ユーザーから見て古く感じられてしまうこともあります。

ホームページは、3年程度でリニューアルをしていく方向で考えておくのが良いでしょう。ホームページの制作費は一括購入するか、税制上などの問題で仕方なくリース契約にする場合は、3年までの月額契約にしましょう。もちろん、その間も更新やリニューアルができるかどうかの確認しておく必要があります。

CMSはWordPressを選ぶ

CMSとはコンテンツマネジメントシステムの略で、コンテンツの作成・管理・修正が簡易的にできるサービスを指します。セキュリティの観点からオープンソースは使わない選択をする企業もありますが、中小企業であれば、外注する場合にもWordPressを使用することをおすすめします。

世界中のWebサイトの約30%はWordPressで作成されており、マニュアルや解説本なども豊富にあります。ホームページをリニューアルするとき、前回と違う制作会社に依頼するような場合でも、今まで更新していたブログやお知らせ、事例集なども簡単に引き継ぐことができるというメリットがあります。他のCMSを使っている場合には、その移管が手作業になってしまうことが多く、その作業が膨大になりますので、注意しましょう。

ドメインの所有権は必ず自社で持つ

ドメインとは、URLと呼ばれる、ホームページのアドレスのようなものです。この所有権を制作会社が持っている場合、制作会社との契約が切れたときに、ドメインも消滅してしまうリスクがあります。せっかく会社名やブランドが認知されてきたときにドメインが消滅し、変更しないといけなくなると、また一から認知度を上げていかなくてはなりません。ホームページの外注を契約する際には、ドメインの所有権が自社になっているかどうかを必ず確認してください。

テンプレートを使ってホームページを作っていないか確認する

制作会社が独自のテンプレートを使用してホームページを作っていないかどうか、契約前に確認しておきましょう。テンプレートを使用して作っている場合、ページの追加、変更、修正が発生した場合に自社で行うことが難しく、制作会社に再度依頼する必要が出てくる可能性があります。このため、テンプレートを使わない方法をとっている制作会社と契約することが大切です。コーディングを使って制作されるようなものなら価格は高くなりますが、自由度が高まり、ホームページを運営していく上で様々な対策も立てやすくなります。

まとめ

ホームページ制作は、今後の集客に重要なポイントになっていきます。安ければいいと値段だけで考えずに、このホームページにはどういった機能があるのか、何ができて何ができないのかという点について、ホームページ制作会社と正確にすり合わせをしておくことが大事です。自社のホームページを使って集客をしっかり行いたい方やSEO対策を実践していきたい方は、契約前に見積書を再度確認してください。その上で、納得のいく打ち合わせを行い、良い制作会社と契約できるように準備しておきましょう。

イラスト制作のことならオリラボに何でもお任せください!
あらゆるタッチに対応可能ですので、ご希望通りのテイストでハイクオリティなイラストを短納期で制作いたします。
ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

関連記事