マガジン

SNSで使えるアイコン作成を依頼できるサイトを紹介!!料金の相場についても合わせて解説

SNSやブログ、YouTubeなどで使用するアイコン(プロフィール画像)をどうしようか、と悩む人も多いのではないでしょうか。よりクオリティの高いアイコンが欲しいのであれば、アイコン作成を行っているサイトで依頼するのがお手軽な方法です。アイコンの制作を発注する前に押さえたい基本事項と、アイコン作成を行っているおすすめサイトを紹介します。

アイコン作成する前に必ず押さえておきたい3つの基本事項

アイコンの作成を依頼する際、押さえておきたい基本事項があります。それは「相場」「作成サイズ」「著作権」の3つです。

相場の確認

依頼するクリエイターの実績で相場はかなり変動しますが、クリエイターの在籍数が最も多いサイト「ココナラ」の場合、最も多い料金帯は3,000円から5,000円程度が相場となっています。サイト自体のクリエイター在籍数も価格に影響しており、在籍数が多いサイトでは、よりリーズナブルな価格帯での発注も可能です。

注意点として、商用利用が目的の場合は追加料金が発生することが多いことも覚えておきましょう。契約時には、商用利用に関する規約を確認し、不明な点がある場合はクリエイターに問い合わせ、確認しましょう。

作成サイズの検討

アイコン画像は、SNS毎にそれぞれ推奨される画像サイズと使用できるファイル形式が異なっています。

画像サイズ(単位:pixel)使用できるファイル形式
Twitter400×400JPEG・GIF・PNG
FacebookPC:170×170 スマホ:128×128PNG
LINE640×640JPEG・GIF・PNG

アイコン画像を作成する際には、推奨されている画像サイズよりも大きな画像で制作することが必要になります。SNSなどで使用するプロフィール用のアイコンであれば、元画像は「1000×1000(pixel)」で作成してもらい、リサイズして使用するのが良いでしょう。ファイル形式は「PNG」が良いでしょう。

著作権に注意

注意したいのが「著作権」です。作成依頼したアイコンの著作権は、特に記載がない限りは、原則的にその制作者に帰属するものとなります。著作権の移譲には「著作権譲渡契約書」の締結が必要となります。

アイコン作成依頼におすすめのサイト6選

アイコンの作成を依頼するサイトを決めるにあたっては、「どのようなアイコンを作成してもらうか」「作成依頼の手順(直接個人に依頼するか、コンペ等で公募するか)」「予算はどれくらいにするか」「金銭のやりとりは安全に行えるか」「手数料はどれくらいか」、以上5つのポイントを確認した上で選定を行いましょう。

ココナラ

「ココナラ」は、ビジネスからプライベートまで用途を選ばず、個人のスキルを気軽に売買することが可能な、日本国内では最大級のスキルマーケットです。LINEやTwitter用のアイコンのオーダーメイドを依頼できます。可愛いタッチからシンプルな画風まで、お好みのテイストのアイコン作成を依頼できるでしょう。

各クリエイター(イラストレーター)の作風・評判・実績を見比べることができるので、好みに合うクリエイターを選べます。依頼額の相場は2,000円~8,000円程度です。

依頼方法は1対1の直接取引となっており、出品者にDMで連絡をとり、見積もりの上合意ができた段階で発注となります。決済方法としては、クレジットカード決済やキャリア決済の他、コンビニ決済・電子マネー・銀行振込が利用できます。手数料は22%(出品者負担)となっています。

SKIMA

「SKIMA」はイラストに特化し、企業・個人が個人のクリエイター(イラストレーター・デザイナー)に、イラストやデザインの創作を発注できるコミッションサービスです。金銭のやりとりに関しては、運営者が仲介してくれる形になります。

約18,000人以上のクリエイターが登録しており、その中から選んで、アイコン作成を発注することができます。クリエイターを探す際には公式サイトのソート機能を利用し、「いいね順」や「実績順」に並べ替えて、効率的に探すことができます。

決済方法は、クレジットカード(VisaまたはMastercard)もしくはコンビニ払いとなっています。手数料はクリエイター負担で、10%から20%です。

タノムノ

「タノムノ」は手数料無料・会員登録不要で、イラストの作成依頼が可能であることを最大の特徴とする、イラストコミッションサービスです。アニメ絵からデフォルメ、かわいいタッチからリアルタッチまで、お好みに合わせてクリエイターを探すことが可能です。作成依頼を希望したいクリエイターが見つかったら、利用範囲をはじめ、無料での修正回数、作成日数などの条件を確認します。条件に問題がなければ、メッセージを送りましょう。

「タノムノ」の依頼料の価格相場は3,000円から7,000円程度となっています。取引はクリエイターとの直接取引となっているので、決済手段もクリエイターから提示される方法に従うことになります。前述通り、手数料は無料です。

クラウドワークス

「クラウドワークス」は、国内最大級のクラウドソーシングサービスのひとつです。求人したい側が依頼内容をサイトに掲載し、コンペを募集すると、提案が行われます。集まってきた提案の中からどの作品を採用するかを選択し、作品の提案者に対して報酬を払うことになります。

コンペ形式のメリットは、複数のクリエイターの提案(作品)を同時に見ることができるので、比較検討が容易である点です。クリエイターとは、公式サイトのWebフォームを利用してコミュニケーションを取ります。決済方法はクレジットカードの他、ペイパル、請求書払いが選択可能です。手数料はワーカーが負担し、5%から20%程度です。

ランサーズ

「ランサーズ」は、「クラウドワークス」と並ぶ、国内最大級のクラウドソーシングサービスのひとつです。「クラウドワークス」同様、基本的にはコンペでアイコン作成を依頼することになります。なお、「ランサーズ」ではコンペを行うに際し、安全な取引を目的として、事前に報酬を仮払いする制度があります。

クリエイターとは、公式サイトのWebフォームを利用してコミュニケーションを行います。クレジットカード決済や銀行振込の他、後払いもしくはペイパルが利用可能です。手数料は発注者側負担で、5%から20%となっています。

skillots

「skillots」は、デザインや動画、音声、ライティングなど、さまざまなスキルを持つクリエイターに作業の依頼をすることができるサイトです。必要なスキルを持つ「スペシャリスト」を検索し、気になるスペシャリストと相談を行うことが可能です。

複数のスペシャリストをチェックし、「まとめて相談」を行うことができる機能も用意されています。スペシャリストを探すのが手間だという場合は、スペシャリストの募集をかけることができる機能もあるので、依頼内容を投稿すれば複数の提案を受けることができます。

1対1の直接取引となり、公式サイトのWebフォームを利用して、スペシャリストとコミュニケーションをとることになります。決済方法としては、クレジットカーfやコンビニ支払いの他、ペイパルや銀行振込、法人の場合は月締め払いも選択可能です。手数料は受注側持ちで、10%から30%程度となっています。

アイコン作成サイトの選定基準は依頼方法

アイコン作成を依頼したいサイトを選択する基準は、クリエイター個人を選択して作成を依頼したいか、あるいは複数のクリエイターを比較検討したいかで違ってきます。

個人に対して発注をしたい場合は「ココナラ」や「SKIMA」が、複数のクリエイターを比較検討したいのであれば「クラウドワークス」や「ランサーズ」等のクラウドソーシングサービスが適しています。どのような形でアイコンの作成依頼を行いたいか、あらかじめ考えておくとよいでしょう。

イラスト制作のことならオリラボに何でもお任せください! あらゆるタッチに対応可能ですので、ご希望通りのテイストでハイクオリティなイラストを短納期で制作いたします。 ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。
関連記事