マガジン

イラスト作成を依頼したい!どのサイトを利用するのがおすすめ?依頼方法もご紹介!

イラストの作成を依頼する際には、まずどんな雰囲気のイラストを作成依頼したいのかという点を明確にした上で、サイト探しをするのが得策です。イラスト作成に対応しているサイトはたくさんありますが、サイトごとにどんなジャンルに強いのかという点は異なりますし、登録しているイラストレーターのスキルレベルや質なども違います。具体的なイメージがまだ決まっていないのであれば、まずはいろいろな依頼サイトを閲覧しながら、自身の中で希望するイラストのイメージを作り上げるという方法も良いでしょう。

こんなイラストを作成依頼したいと明確な方向性が決まったら、そのジャンルのイラストに強いイラストレーターが多く登録しているサイトを選びましょう。たくさんの選択肢があったほうが、イラストレーターごとの描き方の違いや料金設定などを比較しながら、満足できる依頼者を見つけやすくなります。

リーズナブルに依頼するならクラウドソーシング

イラスト作成を依頼できるサイトは、たくさんありますが、その中でも最初にチェックしたいのは、クラウドソーシングです。クラウドソーシングとは、イラスト作成を依頼したいという人と、イラスト作成が得意な人をネット上でマッチングしてくれるという特徴があるサイトです。こんなイラストを描いてほしいという希望をリストアップした上で「誰が描ける人いませんか?」と募集をかけると、できる人が立候補してくれます。その中から、依頼主がそれぞれのイラストレーターの実績や料金設定を見ながら、誰に依頼するかを決めます。

クラウドソーシングを利用する魅力は、

  • 多くのイラストレーターが登録しているので、選択肢が多い
  • 幅広いジャンルのイラストにも対応できる人材を見つけられる
  • コスト面でリーズナブル
  • コンペ式で複数人にイラストを依頼してもらい、その中から勝者を決められる

などが挙げられます。

スキルマーケットならサンプルを見ながら決められる

スキルマーケットと呼ばれるタイプのサイトでも、イラスト作成の依頼ができます。このサイトでは、イラストを描くスキルを持っていて、そのスキルで収入を得たいという人がたくさん登録しています。イラストレーターの場合には、イラストレーターを中心としたクリエーターが登録しているサイトがたくさんあります。サイト内では、それぞれのクリエーターが自身の作品をサンプルとして紹介しているのが特徴です。

イラスト作成を依頼する際には、そのサイトへ行って、依頼したいイラストの雰囲気やジャンルが同じイラストレーターを選び、作成を依頼するという流れになります。

スキルマーケットを利用する魅力は、

  • イラスト作成に特化したサイトなら使いやすい
  • イラストレーターの作品を閲覧しながら、ジャンルや雰囲気に合わせて指名できる
  • イラストだけでなく、キャラクターデザインなどの商品展開も可能
  • 既に作品として完成しているキャラクターの購入もできる

などが挙げられます。

直接コンタクトできるのはSNS

Twitterでも、イラスト作成ができます。SNSツールとして大人気のTwitterは、たくさんのユーザーが利用しています。その中には、イラスト作成を得意とする人も多くいるでしょう。素敵なイラストを紹介しているイラストレーターを見つけたら、個人的にダイレクトメッセージを送信して作成を依頼するのが、Twitterの特徴です。

Twitterを利用する魅力は、

  • イラストレーターへ直接コンタクトを取ることができる
  • ハッシュタグ検索を使うことで、素早くイラストレーターを見つけられる
  • 料金交渉ができる

などが挙げられます。

データベースで素早く検索するならクラウドワークス

イラスト作成を依頼するサイトは、たくさんあります。その中でも、たくさんの人が利用しているのは、「クラウドワークス」です。これはクラウドソーシング型のサイトで、イラストレーターだけが登録しているわけではありません。コンサルやプログラマーなど、多くのジャンルや分野の人材が登録していて、依頼主は案件単位で求人募集をかけることができます。

クラウドワークスには、仕事検索機能が搭載されています。「イラストレーター」という検索をかけることで、たくさんの人材データベースの中から、イラストレーターを素早く見つけられます。イラストレーターごとに、これまでの作品をサンプル画像として紹介していることが多いため、作品を見ながらイラストレーターを指名しても良いですし、コンペ形式で複数のイラストレーターからイラストを募集し、その中から勝者を決めて報酬を支払うこともできます。

公式ページ

ランサーズは24時間サポートが魅力

同じくクラウドソーシング型のサイトには、「ランサーズ」もあります。ランサーズもクラウドワークス同様に、多種多様な業種の人材が登録していて、案件ベースで仕事を依頼できるのが特徴です。ランサーズでは、24時間いつでも利用できるサポート体制が充実していたり、セキュリティ面でも安心できるという点が、大きな魅力です。また、登録しているイラストレーターごとに実績や評価によってランキング形式で紹介されていたり、それぞれの返信率や報酬額、案件完了率などが紹介されている点も、チェックポイントです。

公式ページ

スキルマーケットとして人気のココナラ

「ココナラ」も、イラスト作成依頼ができる人気サイトです。ココナラは、クリエイターが多く登録しているスキルマーケット型のサイトで、イラストレーターも多くいます。クラウドソーシング型のサイトと大きく異なる点は、イラスト作成に対応するだけでなく、オリジナルキャラクターを作成したり、そのモデリング、また目的に応じてビジネスライクに仕上げるなど、フレキシブルに対応してもらえる点が挙げられます。

ココナラは、イラストというジャンルの中でも幅広いタッチのイラストレーターが多く登録しています。レトロ風のイラストを始め、劇画調や癒し系、萌え系、アニメ風やドットイラストなど、希望するイラストタッチを得意とするイラストレーターを見つけられるという点が、ココナラの魅力となっています。

公式ページ

イラスト作成を専門とするSKIMA

SKIMAもスキルマーケット型のサイトですが、ココナラのように幅広いクリエーターが登録しているわけではなく、SKIMAはイラスト作成に特化しているという点が大きな特徴です。イラスト作成を依頼できる他、Webの多種多様なプラットフォームで使用できるオリジナルキャラクターのデザインを依頼したり、大きなカバーイラストの他に挿絵など、多種多様なデザインや目的・用途に対応できます。

SKIMAには、登録しているイラストレーターのプロフィールや料金設定などを一覧表示されるという機能がついています。一人一人のプロフィールをチェックすることももちろんできますが、複数のイラストレーターを同じスクリーン上で比較できるという点で、SKIMAはとても使いやすいスキルマーケットサイトと言えるでしょう。

公式ページ

高品質にこだわるならSkilottsがおすすめ

Skilottsも人気があるサイトです。Skilottsはイラストの品質が高いサイトとして定評がありますが、品質の高さに比例するように、料金面でも他のサイトと比べてやや高めなのが特徴です。Skilottsの大きな特徴は、イラストレーターと直接やり取りをすることができず、システム上のメッセージ機能を使ってのやり取りをしなければいけないという点です。サポート面が充実しているという点と、個人情報が流出しづらいという点で人気があります。

公式ページ

個人のイラストレーターvs制作業者、どちらがオススメ?

イラスト作成の依頼は、上記のようなサイトを利用して個人のイラストレーターに依頼できる他、専門業者へ依頼することも可能です。それぞれにメリットとデメリットがあるため、イラスト作成の依頼を検討する際には、どちらも理解した上で慎重に決めたいものです。

  メリット デメリット
個人へ依頼 ・料金がリーズナブル
・希望のジャンルでイラストレーターが見つかる
・複雑なデザインへの対応が難しい
・案件が完了しないリスク
・品質の偏り
業者へ依頼 ・完成度の高い仕上がり
・高い信頼性
・画像展開をしやすい
・目的や用途に合ったイラスト作成が可能
・料金は割高
・業者によってはジャンルに偏りがある

イラスト作成を依頼する流れ

イラスト作成を依頼する場合には、どんな流れで依頼から納品まで進むのでしょうか。

まず最初にする事は、作成を依頼するイラストレーターを見つけることです。上記のようなクラウドソーシングサイトやスキルマーケットサイトを活用して、複数のイラストレーターを比較しながら、誰に案件を発注するかを決めます。その際には、複数のイラストレーターをリストアップした上で、希望するイラストの作成が可能かどうかの問い合わせをしたり、見積もりを取ってもらうと良いでしょう。満足度の高い仕上がりになるためには、この段階で、具体的にどんなイラストを描いてほしいのかという点を、できるだけ細かくリストアップすることをおすすめします。

複数のイラストレーターを比較検討した上で、誰に発注するかを決めます。その上で、ヒアリングを行います。業者にイラスト作成を依頼する場合には、対面でのヒアリングが一般的ですが、サイトで依頼する場合には主に、オンラインのメールを使用することが多いです。ヒアリングでは、こちらが持っているイメージをイラストレーターにできるだけ明確に詳しく伝えることで、イラストレーターがどんな作品を作ればよいのかをイメージしやすくなります。参考にできそうなサンプルがあれば、ぜひ共有すると良いでしょう。

ヒアリングの後、イラストレーターはいよいよ作業に取り掛かります。しかし、ヒアリングの次のステップが納品というわけではありません。多くの場合には、下絵やラフ画を描いた段階でチェックを行います。この段階で、修正して欲しい部分などをリクエストしましょう。ただし、最初のヒアリングで細かくリクエストや希望を伝えておけば、下絵に対する修正点が少なくなります。最初のヒアリングやイメージのすり合わせ作業は、そうした意味でもとても重要です。

下絵にOKを出したら、イラストレーターはイラストを完成させて納品、という流れになります。

イラスト制作のことならオリラボに何でもお任せください!
あらゆるタッチに対応可能ですので、ご希望通りのテイストでハイクオリティなイラストを短納期で制作いたします。
ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

関連記事