マガジン

似顔絵・アバター作成サービスの選び方とは?おすすめランキング紹介!

自分のことを紹介するのにリアルな顔写真ではちょっと、という時に役立つのが似顔絵やアバターです。SNSアプリのプロフィール画像にしたり、ビジネス用の名刺や紹介分などに使ったりすることが増えています。また、結婚式のウェルカムボードに仕上げるといった特別な使い方もできて、利用範囲がとても広いです。こうした似顔絵やアバターを作るのに便利なサービスがたくさん登場しています。選び方をチェックすると同時に、どんなサービスがあるかを見てみましょう。

似顔絵・アバター作成サービスの選び方

似顔絵やアバター作成サービスとは、自分の顔や全身をイラストにしてくれるサービスです。似顔絵やアバターをいろいろな媒体に載せることは一般的になっているので、様々なサービスが出ています。無料で簡単にできるものもあれば、本格的なイラストを有料で作ってくれるところもあり、それぞれに特徴のあるサービスを打ち出しています。比較して、自分に合ったものを選ぶ必要があるでしょう。そこで、サービスの選び方のポイントを押さえておくことが大事です。

 掲載する媒体

何のために似顔絵を作るのかをはっきりさせておきましょう。同時に、どの媒体に載せるのかも決めておきます。こうした点を考えておくことで、イラストのタッチや大きさ、かけられるコストなどが変わってくるからです。たとえば、ブログのプロフィール画像であれば、それほど大きな画像は必要ありませんし、顔だけでも十分なので、低料金で可能です。一方で、チラシに大きく載せるのであれば、解像度の良い画像で、全身を載せる選択もできます。

ビジネス目的か個人利用か

こうした目的は、個人利用かビジネス利用かによっても考える必要があります。かけられるコストということもありますし、その画像を商用利用しても良いかは、サービスによって分かれるからです。また、作品を切り取ったり加工したりして、二次利用をする許可が下りるかという点も違いが出てきます。個人利用ではあまりこうしたことまで考えることはありませんが、もしビジネス利用であれば細かな条件もしっかりと考えた上で決める必要があるのです。

無料か有料か

たくさんのサービスの中には、完全無料で使えるものもあります。無料の場合はほぼ全てが、自動的に作品を作成していきます。自分でパーツを選んで組み合わせたり、アップロードした写真を加工したりして、アバターに仕上げていく形です。無料アプリもありますし、オンライン上でも作成できる無料サービスもありますので、無料といってもバリエーションが豊かで、個性的な似顔絵にできます。それぞれのサービスでもデザインイメージの違いがありますので、オリジナリティーのある仕上がりを期待できます。

有料の場合はイラストレーターが描いてくれることが多く、本格的な作品に仕上がります。こんな雰囲気にしたいとか、こんなアイテムや服を入れてほしいといった要望を出せるのがメリットです。イラストレーターによって作風が異なりますので、他の人とは違うオリジナルの1枚になるのも特徴と言えます。最初に作ってもらったものが少し自分の感性と違うということであれば、修正してもらうことも可能で、より理想的な似顔絵が作れます。

Web上で作るかアプリで作るか

イラストレーターに依頼して本格的な作品を作る場合、自分の写真などを送って描いてもらいます。ほとんどの場合、ホームページ上もしくはメール、SNS上でやり取りをして作り上げていきます。一方で、自動生成してくれるサービスの場合は、Webサイト上で作れるものもあれば、アプリをダウンロードして作っていくものもあります。どちらにも一長一短がありますので、自分に合ったやり方を選びましょう。

Webサイト上だと、スマホなどにアプリをインストールする必要がないので気楽に利用でき、特定のスマホやパソコンでなくても、いつでもどこでも作れるというメリットがあります。ただし、画像を送信したり、出来上ったものを受信したりする時間がかかります。また、たくさんの人が同時にアクセスしている状況だと、サービスの動作が重くなって快適に作業ができないこともあります。そもそも、インターネットに接続している環境でないとサービスを利用できないという問題もあります。オフラインでの作業をすることがあるか、という点もサービス選びのポイントとなります。

アプリでの作成だと、スマホの中にある写真を使ってそのまま似顔絵を作成したり、簡単な操作で加工したりできるようになります。そのため、よりスピーディーで簡単に作れるというメリットがあります。しかし、利用に当たってはアプリをダウンロードしないといけないので、そのスマホでしか似顔絵を作れないという点に注意すべきです。さらに、画像編集では高い処理能力を必要としますので、あまりスペックの高くない機種だと、作業にもたつきを感じることもあります。

作成する方法

似顔絵やアバターを作るには、ベースになる画像が必要です。そのため、多くのサービスでは自分の顔写真や全身の写真をアップロードして、それを基にしてイラスト化していきます。自動生成では、こうした写真に加工を入れていくことで手描き風にしたり、ゲームキャラクターのように変えていったりします。もちろん、イラストレーターによる手描きの場合は、写真を見ながら描いていくことになります。他人目線での本人の雰囲気をよく捉えた作品に仕上がるのが特徴です。

写真を送らなくても作れるサービスも存在します。このケースだと、髪の毛や目、口といったパーツをリストの中から選んで、画面の中で組み合わせていきます。どの位置にどの大きさで置くか、細かく調整できるようになっていますので、かなり本人の顔に似せることができます。この場合だと、サービス側に作成してもらうというよりは、プラットフォームだけを使い、自分で似顔絵を作る形になります。手間はかかりますが、より自分の考える仕上がりに近づけられるというメリットがあります。

デザインの雰囲気

それぞれの作成サービスで、デザインのタッチは大きく異なります。忠実に本人の顔を再現したリアル感の強いものもあれば、特徴を強くデフォルメしたかわいらしいものもあります。また、同じデフォルメするタイプでも、朗らかな印象に仕上げるイラストレーターもいれば、アニメチックであったり、ゲームキャラのような見た目にしたりすることもあります。

こればかりは、それぞれの好みや目的、掲載するメディアに合わせて決める必要があります。もしビジネス目的で利用するのであれば、表示するホームページの全体的なイメージ、ブランドとして打ち出したい雰囲気などに合わせていく必要があります。名刺などの個人を紹介するためのものであれば、あまり自分の好みばかりを強調すると、相手に強い先入観を抱かせてしまうこともありますので、注意が求められます。

タッチを統一しているところであれば、シンプルに選べます。一方、何人ものイラストレーターが在籍していて、それぞれに作風がかなり違うところもあります。その場合は、ホームページにサンプルが掲載されているはずですので、しっかりと確認して、自分に合ったものを選ぶことが大事です。

作成してくれる範囲

イラストに体のどこまで含まれているかも、サービスによって、もしくは依頼するプランによって違います。顔だけのものもあれば、全身を描いてくれるところもあります。さらには、一人だけの作品となるのか、複数の人を加えられるのか、背景やペットなどの絵も入れられるかなどの違いもあります。たとえば、結婚式のウェルカムボードなどに使う場合は、二人のイラストに加えて、様々な装飾を入れた方が良いでしょう。ブログアイコンなどであれば画像自体が小さいので、それほど多くの要素は入れられず、顔だけにした方が良いというケースが多くなります。

この作成範囲は料金にも関係してきますので、コスパも合わせて考えましょう。やはり、顔だけよりも全身の方が高くなりますし、背景や装飾などの追加があればより高くなります。入り込むものが多ければ多いほど料金が上がる傾向があり、それぞれのサービスで絵に含める要素ごとに追加料金が明示されていることもあります。あるいは、背景もセットになっているものの、花など描く内容がある程度指定されているケースも見られます。背景指定がどのくらいできるかもチェックしてみましょう。

修正対応があるか

作成依頼をして数日後に完成品を受け取れるわけですが、受け取った時に、自分が考えていたものとちょっと違うと思うこともあり得ます。ちょっとした表情とか色使い、加えるべきアイテムなどを変えてほしいと思った場合、修正を出すことになります。こうした修正依頼を受けてもらえるのか、その場合に何回まで修正依頼を出せるのかという点も、作成サービスを選ぶ上でのポイントとなります。

やはり修正依頼ができた方が、より自分の好みに合ったものになりますから安心です。ただし、修正依頼の有無と回数によって料金が変わってくる傾向がありますので、バランスを取って考える必要があります。同じ依頼内容でも、修正回数の違いだけで、異なる料金設定がなされていることもあるほどです。どこまで細かい点までこだわって仕上げたいかも関係してきますので、料金と合わせて決めるようにしましょう。

完成品の受け取りの方法

完成品をどの形式で受け取れるかも大事な点です。デジタルデータとして、JPEGやPNGといったファイルで受け取ることが多く、ホームページ上からダウンロードしたり、メールで送信してもらったりします。ブログやSNSなどでしか使わないのであれば、デジタルデータだけで十分でしょう。チラシなどの印刷物に使う場合でも、デジタルデータのままで編集をすることは問題ありません。

しかし、完成品をそのまま印刷して使うようなケース、たとえば何かの記念日のプレゼントやウェルカムボードなどでは、デジタルデータだけでなく、印刷された状態で受け取った方が良いことも多いです。特に、大きなサイズだと個人のプリンターでは対応できませんので、作品を送ってもらわないといけません。また、キャンパスに手描きといった作り方をしている場合も、やはり直接送ってもらうことになります。

ビジネス用途だと、名刺に使うケースが多いです。その場合、データだけでなく、名刺印刷をしてくれるかも確認すべきです。印刷までセットだと、受け取ってからすぐに使えますので、利便性が高いです。ウェルカムボードやプレゼント用パネルといった完成品の場合は、フレームもしくは額縁が付いているかもポイントです。イラストの色や雰囲気に合わせて、おしゃれな額縁がセットになっていると、より似顔絵が映えて魅力的になります。

この点に関しては、用途と最終的な使い方によって分かれるわけですが、現物の送付だと送料が別途かかることは覚えておきましょう。デジタルデータならダウンロードして終わりですが、現物では郵送してもらうことになり、その分の費用と発送にかかる時間をプラスして考えなければなりません。

作成にかかる期間

アプリでもオンライン上でも、自動生成のサービスであれば、即座に完成品をダウンロードできます。しかし、イラストレーターに描いてもらう場合、作業日数がある程度かかります。これはそれぞれのサービスで違いがあり、最短で2日で受け渡しが可能なところもあれば、1週間くらいかかるケースもあります。修正をお願いする場合、さらに数日かかることになりますので、もっと長くなることも考えられます。作品を郵送する場合は、作業日数に加えて運送時間もプラスされますので、この分もあらかじめ考慮に入れておきましょう。

すぐに似顔絵やアバターが必要なのかを考えて、サービスを比較しましょう。どんなケースにしても、できるだけ早めに検討と注文をして、余裕を持って発注することが大事です。サービスによっては、納期が長い場合は割引がなされるところもあります。お得に作るという意味でも、早めの依頼の方が安心です。また、ボードやパネルでの納品をお願いする場合、時期によっては、納期が通常よりも延びることもあり得ます。特に、結婚式シーズンは予約が集中するので要注意です。

似顔絵・アバター作成サービスのおすすめランキング

上記のような選び方のポイントを考えると、たくさんあるサービスの中で自分に合ったものを選びやすくなります。そこで、用途や料金などの要素を総合的に考えて、使いやすく質の高いアバター・似顔絵作成サービスのおすすめランキングを紹介していきます。

サービス名料金イラストの範囲納期修正対応受け取り方法
似顔絵イラスト専門店1,600円から顔・胸より上・全身5日程度対応可能データ
にがうり!8,000円から上半身・全身都度相談パーツの変更データ、シール、名刺
にがおえ市場イラストレーターによる顔、全身など依頼に応じてイラストレーターによる可能データ、ボードなど好みで
WORLD113,000円から顔、全身など依頼に応じてイラストレーターによる可能ボード、パネル
しるし堂6,480円から顔・胸上・全身7営業日3回まで無料データ、名刺
MomentCam無料顔から全身即時可能データ
似顔絵アバターメーカー無料顔から全身即時可能データ
アニチャラ無料上半身即時可能データ
なつみかん9,800円から上半身から全身最短で2日可能額縁付パネル
LOGO TANK9,800円から顔・胸上・全身イラストレーターによる2回まで無料データ

1位 似顔絵イラスト専門店

プロによる似顔絵イラストを低価格で依頼できるのが特徴のサービスです。細かなプランの設定があって、モノクロやカラーなどの指定もできます。モノクロなら1,600円から可能です。全身をカラーで作ってもらっても3,900円という価格設定ですので、コスパが非常に良く、気軽に頼めます。比較的納品までのスピードも速くて、データで受け取れますので、様々な形で利用することが可能となっています。

デザインの雰囲気も選べるので、好みに合わせやすいのも特徴です。アニメチックな仕上がりにすることも、リアルな雰囲気に寄せていくこともできます。それぞれの仕上がりについて、ホームページでサンプルを見られますので、自分の似顔絵の完成像を想像しやすいです。完成したら、校正用のデータが送られてきます。修正箇所があるようなら、具体的にパーツを指定してお願いしましょう。その後修正を経て、完成品となるデータを受け取るという流れです。

2位 にがうり!

自分の写真を送付して、プロに似顔絵を描いてもらうサービスです。このサービスの大きな特徴は、修正依頼の制限がなく、何回でも依頼できることです。細かなところにこだわって、確実に納得できる状態で完成品を受け取れるので満足できます。こうした打ち合わせはメールだけでなく、LINEでも行うことができます。気軽にメッセージを送ってやり取りできるのも、より良い作品にするのに役立ちます。

ビジネス目的で利用したい場合、大量発注する場合は無料で試作ができますし、定期的に依頼することで、料金割引がなされる制度も設けられています。データの受け取りだけでなく、シールや名刺でも可能ですので、受け取ったらすぐに完成品を活用できるのもうれしいところです。

3位 にがおえ市場

複数のクリエーターが、それぞれに異なったタッチで、似顔絵・アバターを作ってくれるサービスです。ホームページ上では、イラストレーターのサンプル作品が公開されていますので、それを見ながら、自分の好みに合ったイラストレーターに依頼できます。顔だけでなく、全身を入れることができますし、要望に応じて、背景の装飾などもオーダーメイドすることが可能です。

データでの受け取りだけでなく、ウェルカムボードの形やプレゼント用のキャンバス作品などにもできます。幅広いタッチと完成品の形態が用意されていますので、目的と好みにぴったり合った1枚を受け取れるのが大きなメリットと言えるでしょう。イラストレーターごとに依頼するシステムを採っていますので、人気がある人だと納期が長くなる傾向があります。特に、結婚式が多くなる時期などは予約が集中するので、余裕を持って早めに依頼すると良いでしょう。

4位 WORLD1

たくさんのイラストレーターが在籍していますので、イラストレーターを指名依頼できるのが特徴のサービスです。柔らかいタッチの作品にしたり、スマートでシンプルな雰囲気に仕上げたりできますので、様々なシーンで活用できます。顔だけでなく、全身のイラストができますし、バックもかなりバリエーション豊かな指定ができて、自分好みの作品に仕上げられるのが魅力です。パネルでの受け取りが基本となっていて、作品はフレームに入った状態で届けられます。このフレームも、作風に合わせたおしゃれなものですので、満足度が高いです。

納期は最短でも2週間くらいとなっていて、作成サービスの中では待つ時間が長いのが注意点です。クリエーターによって最終的な納期が変わってくることもありますし、予約が多いと必然的に納期が延びてしまいます。それでも、オンライン上でイラストレーターと会って、直接会話をしながら似顔絵を描いていくスタイルは珍しいやり方ですので、待つだけの価値があるサービスと言えるでしょう。その場で細かく希望を伝えたり、その都度修正をお願いしたりすることもできて、理想通りのイラストを作ってもらえます。

5位 しるし堂

様々なタイプの似顔絵・アバター作成に対応しています。個人利用であれば、自分の写真を送信して、それをもとに似顔絵を作ってもらうことができます。こんな表情にしてほしいという希望を伝えて、生き生きとした似顔絵にしてもらえます。プロによる本格的な作品ですが、比較的リーズナブルな価格設定で、依頼しやすいのがメリットです。修正依頼も3回までは無料で、それ以降は有料というシステムが採られていますので、求める作品に仕上げてもらうのに役立ちます。

ビジネス用途での利用もできるサービスで、特に名刺に似顔絵を入れて作るプランが人気です。作成したものはデータで受け取ることもできますが、名刺に印刷して送付してもらうことも可能で、すぐに使えてとても便利です。納期は7営業日以内に、校正用のデータを送るということになっています。修正があればそこからやり取りをして、最終的な完成データを数日後に受け取れます。

6位 MomentCam

アプリで似顔絵やアバターを作成するサービスです。AndroidでもiPhoneでもアプリが出ています。スマホで自分の写真を撮り、それをそのままアプリの中で加工することで、スケッチ風のイラストに自動生成してくれます。しかも、加工された似顔絵はテンプレートの中の背景と組み合わせたり、アイテムスタンプを加えたりできるようになっているので、アイディア次第でとてもユニークな作品になるでしょう。SNSのプロフィール画像にするのも簡単ですし、しっかりと作り込んで、立派なアート作品に仕上げることさえできます。

生成された似顔絵にテキストを挿入したり、吹き出しを加えたりできますので、ブログの挿入イラストにするとか、LINEスタンプにするといったことも可能です。たくさんのことができるアプリですが、操作は簡単で、直感的な編集でパーツを動かしていくだけです。初めての人でもすぐにやり方に慣れて、いろいろな楽しみ方ができるようになります。こうした優れたアプリですが、利用はすべて無料となっていますので、お手軽にしっかりとした似顔絵を作れるのがうれしいところです。

7位 似顔絵アバターメーカー

Webサイト上で似顔絵やアバターを作るサービスです。アバターはゲームキャラクター風の仕上がりになるのですが、ドット感が強い、昔ながらのゲームの雰囲気です。そのため、懐かしさやかわいらしさがあって、オリジナル似顔絵となるのが魅力的な点と言えます。操作はとても簡単で、顔の輪郭やパーツ、服やアイテムなどを選んでいくというものです。しかし、その選択肢はかなり多くて、細かな変化を加えられます。顔にシワを入れるとか、それぞれのパーツの色を変えるといったこともできます。

おまかせボタンというのもあって、パターンを決めた後は、それに異なるパーツや配色を加えたアバターが複数登場します。どんな感じにしたら思い通りのアバターができるかという参考になり、仕上がりのイメージを持つのに便利です。完成したアバターはそのままダウンロードして、デジタルデータとして利用できます。何回でも利用できるサイトですので、異なるキャラクターで作って、複数のアバターを使い分けることも可能です。

8位 アニチャラ

Webサイト上でアバターを作るサービスです。無料で利用でき、たくさんのパーツから選んで、オリジナルのキャラクターにできるのが魅力です。雰囲気はリアルに近いもので、アイテムや体のパーツなども細部まで作り込まれていて、種類が豊富にあるため、自分だけのアバター作りをしたい方にぴったりです。操作はとても簡単で、パーツを選んで組み合わせていくだけです。背景の設定もできて、いろいろなシチュエーションに合わせて仕上げられます。SNSアイコンに向いていますが、リアルなので、名刺用などにも十分使えます。

9位 なつみかん

納期が早く、シンプルなサービスが特徴です。ボードやプレゼント用のパネルなどを額縁に入れて送ってくれるのですが、最短で2日で出来るのが売りです。イラストのイメージは2種類に絞られていますので、選びやすく、気軽に依頼できます。こちらのサービスのサンプルをチェックして、雰囲気が合っているのであれば、迷うことなくすぐに頼めて便利です。ラッピングをしてくれるなど、プレゼント用にもぴったりのサービスを提供しています。依頼時に額縁のデザインも選べるので、イラストと雰囲気を合わせて選ぶのがポイントです。

10位 LOGO TANK

もともとはロゴタイプの制作をしているところですが、そのノウハウを生かして、似顔絵作成サービスも展開しています。様々な形式でのデータ納品もできますし、イラストレーターファイルでの受け取りも可能です。二次加工をしたいとか、画像をチラシや動画に埋め込みたいといった要望にも応えられるのが特徴です。修正は2回まで無料となっていて、しっかりと細部まで、必要に合わせた仕上げができます。顔だけでなく、全身のアバターもでき、服装の指定も可能です。

目的に合わせてお気に入りの似顔絵を作ろう!

似顔絵やアバターは、SNSやウェディングボード、プレゼント用のイラストなど、幅広い場面で使えます。たくさんのサービスがWebサイト上にもアプリでも出ていますので、自分に合ったところを選んで依頼することが大事です。サービスによっても、イラストレーターによっても、かなり仕上がりの雰囲気が変わってくるので、納得のいく似顔絵を作るにはサンプルの確認が欠かせません。また、納品の期間や受け取り方法、料金なども比較して、より良いものを選びましょう。目的に合ったサービスを見つけて、プライベートやビジネスに役立つ似顔絵を作りたいものです。

イラスト制作のことならオリラボに何でもお任せください! あらゆるタッチに対応可能ですので、ご希望通りのテイストでハイクオリティなイラストを短納期で制作いたします。 ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。
関連記事